ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

immovie

マルチフレーム イメージからのムービーの作成

説明

mov = immovie(X,cmap) は、マルチフレームのインデックス付きイメージ X 内のイメージからカラーマップ cmap と共にムービー構造体配列 mov を返します。

mov = immovie(RGB) は、マルチフレームのトゥルーカラー イメージ RGB のイメージからムービー構造体配列 mov を返します。

すべて折りたたむ

load mri
mov = immovie(D,map);
implay(mov)

入力引数

すべて折りたたむ

マルチフレームのインデックス付きイメージ。m x n x 1 x k の数値配列 (k はフレーム数) として指定します。各フレームは同じカラーマップ cmap を使用します。

データ型: single | double | uint8 | uint16 | logical

マルチフレームのインデックス付きイメージ X と関連付けられたカラーマップ。c カラーの RGB 値を含む c 行 3 列の数値行列として指定します。

マルチフレームのトゥルーカラー イメージ。m x n x 3 x k の数値配列 (k はフレーム数) として指定します。

データ型: single | double | uint8 | uint16

出力引数

すべて折りたたむ

ムービー。ムービー フレーム構造体の k 行 1 列の配列として返されます。ムービー フレーム構造体の詳細は、getframe を参照してください。

ヒント

  • ムービーを再生するには、implay を呼び出します。

  • MATLAB® 環境以外で再生できるムービーを作成するには、VideoWriter オブジェクトを使用します。

R2006a より前に導入