ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージの印刷

MATLAB® イメージを出力して別のアプリケーション (ワードプロセッシング プログラムやグラフィックス エディターなど) で使用する場合は、関数 imwrite を使用して、適切な形式でファイルを作成します。詳細は、グラフィックス形式でのファイルへのイメージ データの書き込み を参照してください。

イメージを印刷する場合は、関数 imshow を使用して、MATLAB Figure ウィンドウにイメージを表示します。イメージ ビューアーを使用している場合は、[ファイル] メニューの [Figure に出力] オプションを使用しなければなりません。このオプションを選択すると、イメージ ビューアーによって別の Figure ウィンドウが開き、イメージが表示されます。この Figure ウィンドウで標準の MATLAB 印刷機能にアクセスできます。また、[Figure に出力] オプションを使用して、概要ツールおよびピクセル領域ツールに表示されるイメージを印刷することもできます。

Figure ウィンドウにイメージが表示されると、MATLAB print コマンド、または Figure ウィンドウの [ファイル] メニューの [印刷] オプションを使用してイメージを印刷できます。Figure ウィンドウから印刷する場合、出力には、ラベル、タイトル、その他の注釈などイメージ以外の要素が含まれます。

印刷に影響するグラフィックス オブジェクトのプロパティ

出力はグラフィックス オブジェクトのさまざまなプロパティの設定を反映します。場合によっては、目的の結果を得るために特定のプロパティの設定を変更する必要があります。次にイメージの印刷時に役立つヒントを紹介します。

  • イメージの色は画面上の表示と同じように印刷されます。これは、Figure オブジェクトの InvertHardcopy プロパティの影響をイメージが受けないことを意味します。

  • 正しいサイズと縦横比で印刷されるようにするには、Figure オブジェクトの PaperPositionMode プロパティを auto に設定します。PaperPositionModeauto に設定されている場合、印刷される図の幅と高さは、画面上の図の次元によって決まります。既定の設定では、PaperPositionMode の値は manual です。PaperPositionMode の既定値を auto にする場合は、以下の行を startup.m ファイルに追加します。

    set(0,'DefaultFigurePaperPositionMode','auto')

File/Print または print コマンドを使用した印刷に関する詳細は、[ファイル] メニューからの Figure の印刷 (MATLAB)を参照してください。print コマンドのオプションの一覧については、MATLAB コマンド ライン プロンプトで help print を入力するか、print コマンドのリファレンス ページを参照してください。