Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

グラフィックス形式でのファイルへのイメージ データの書き込み

この例では、関数 imwrite を使用して、サポートされているいずれかのグラフィックス ファイル形式でイメージ データをワークスペースからファイルに書き込む方法を説明します。

イメージ データをワークスペースに読み込みます。この例では、インデックス付きイメージ X を、関連付けられているカラーマップ map と共に、MAT ファイル trees.mat から読み込んでいます。

load trees
whos
  Name           Size              Bytes  Class     Attributes

  X            258x350            722400  double              
  caption        1x66                132  char                
  map          128x3                3072  double              

imwrite で変数の名前と作成する出力ファイルの名前を指定し、イメージ データをビットマップ ファイルとしてエクスポートします。拡張子をファイル名に含めた場合、関数 imwrite は適切なファイル形式を推測しようとします。たとえば、ファイル拡張子 .bmp は、Microsoft Windows ビットマップ形式を指定します。形式を関数 imwrite の引数として明示的に指定することもできます。

imwrite(X,map,'trees.bmp')

imwrite の形式固有のパラメーターを使用して、エクスポート プロセスの諸側面を制御します。たとえば、PNG ファイルでは、ビット深度を指定できます。説明のために、イメージを TIFF 形式でワークスペースに読み取り、そのビット深度を確認します。

I = imread('cameraman.tif');
s = imfinfo('cameraman.tif');
s.BitDepth
ans = 8

ビット深度を 4 に指定して、イメージを PNG 形式のグラフィックス ファイルに書き込みます。

imwrite(I,'cameraman.png','Bitdepth',4)

新しく作成したファイルのビット深度を確認します。

newfile = imfinfo('cameraman.png');
newfile.BitDepth
ans = 4

参考

関連するトピック