ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ピクセル値

イメージ内のピクセルの値を調べてその値を変数に入れて返すには、関数 impixel を使用します。ピクセルの指定には、その座標を入力引数として渡すことができ、マウスを使用して対話形式でピクセルを選択することもできます。関数 impixel は指定されたピクセルの値を MATLAB® ワークスペースの変数に入れて返します。

メモ:

ピクセル値の情報はイメージ ツールを使用して対話形式で取得することもできます (イメージ ビューアー アプリでのピクセル情報の取得を参照)。

イメージ内の各ピクセル値の決定

この例では、関数 impixel を対話的に使用してピクセル値を取得する方法を説明します。

イメージを表示します。

imshow canoe.tif

impixel を呼び出します。入力引数なしで呼び出されると、関数 impixel はそれ自身を現在の座標軸でイメージに関連付けます。

pixel_values = impixel

イメージ内の調べる点をマウスでクリックして選択します。impixel は、選択された各点に星を入れます。

imshow canoe.tif

点の選択が終わったら、Return キーを押します。impixeln 行 3 列の配列でピクセル値を返します。n は選択された点の数です。impixel は選択された点を示すために使用された星を削除します。

pixel_values =
0.1294    0.1294    0.1294
0.5176         0         0
0.7765    0.6118    0.4196