ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ データの等高線図

等高線はイメージ内の一定のイメージ強度値に沿った線です。関数 imcontour を使用してグレースケール イメージでデータの等高線図を作成できます。この関数は、MATLAB® の関数 contour に似ていますが、座標軸が自動的に設定され、その向きと縦横比がイメージに一致するようになっています。等高線のレベルにラベルを付けるには、関数 clabel を使います。

イメージ データの等高線図の作成

この例ではイメージの等高線図を作成する方法を説明します。

グレースケール イメージを読み取り、それを表示します。この例では米粒のイメージを例として使用します。

I = imread('rice.png');
imshow(I)

imcontour を使用してイメージの等高線図を作成します。

figure;
imcontour(I,3)