Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

imhist

イメージ データのヒストグラム

説明

[counts,binLocations] = imhist(I) はグレースケール イメージ I についてヒストグラムを計算します。関数 imhist は、counts にヒストグラムのカウントを、binLocations にビンの位置を返します。ヒストグラムの中のビン数は、イメージ タイプによって決まります。

[counts,binLocations] = imhist(I,n) は、ヒストグラムを計算するために使用されるビンの個数 n を指定します。

[counts,binLocations] = imhist(X,cmap) はカラーマップ cmap を使用してインデックス付きイメージ X についてヒストグラムを計算します。ヒストグラムは、カラーマップの中の各エントリを 1 つのビンとします。

imhist(___) はヒストグラムのプロットを表示します。入力イメージがインデックス付きイメージの場合、ヒストグラムは、カラーマップ cmap のカラー バー上でのピクセル値の分布を示します。

すべて折りたたむ

グレースケール イメージをワークスペースに読み取ります。

I = imread('pout.tif');

イメージのヒストグラムを表示します。I はグレースケールのため、既定の設定では、ヒストグラムのビンは 256 個になります。

imhist(I)

Figure contains 2 axes objects. Axes object 1 contains an object of type stem. Axes object 2 contains 2 objects of type image, line.

3 次元データセットを読み込みます。

load mristack

データのヒストグラムを表示します。このイメージはグレースケールのため、imhist は既定の設定で 256 個のビンを使用します。

imhist(mristack)

Figure contains 2 axes objects. Axes object 1 contains an object of type stem. Axes object 2 contains 2 objects of type image, line.

入力引数

すべて折りたたむ

グレースケール イメージ。任意の次元の数値配列として指定します。イメージのデータ型が single または double の場合、値は [0, 1] の範囲でなければなりません。I が [0, 1] の範囲外の値を持つ場合、関数 rescale を使用して、想定される範囲に値を再スケーリングできます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | logical

ビンの数。正の整数として指定します。I がグレースケール イメージの場合、imhist は既定値として 256 個のビンを使用します。I がバイナリ イメージの場合、imhist は 2 つのビンを使用します。

例: 50

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

インデックス付きイメージ。任意の次元の数値配列として指定します。

データ型: single | double | uint8 | uint16 | logical

インデックス付きイメージ X に関連付けられたカラーマップ。範囲 [0, 1] の値をもつ c 行 3 列の数値行列として指定します。各行は、カラーマップの単一色を構成する赤、緑、青の成分を指定する 3 要素の RGB 3 成分です。カラーマップは、少なくとも X の中の最大インデックスと同じ長さでなければなりません。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

ヒストグラムのカウント。数値配列として返されます。インデックス付きイメージ X についてヒストグラムを計算する場合、counts の長さは、カラーマップ cmap の長さと同じになります。

ビンの位置。数値配列として返されます。

ヒント

  • グレースケール イメージについて、ヒストグラムの n 個のビンは、それぞれ幅 A/(n−1) の半開区間になります。特に、pth 番目のビンの半開区間は、次のようになります。

    A(p1.5)(n1)Bx<A(p0.5)(n1)B,

    ここで、x は強度値です。倍率 A とオフセット B は、以下のようにイメージ クラスの型によって異なります。

    データ型AB
    double10
    single10
    int8255128
    int1665,53532,768
    int324,294,967,2952,147,483,648
    uint82550
    uint1665,5350
    uint324,294,967,2950
    logical10

  • ヒストグラムを countsbinLocations から表示するには、stem(binLocations,counts) コマンドを使用します。

拡張機能

バージョン履歴

R2006a より前に導入