ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージの領域解析

イメージ内の連結要素の参照とフィルター処理

説明

Image Region Analyzer アプリは、バイナリ イメージ内の各連結要素 (オブジェクトまたは領域とも呼ばれる) の一連のプロパティを評価し、その情報をテーブル形式で表示します。また、このアプリを使用すると、領域のプロパティを条件にしてイメージをフィルター処理し、別のバイナリ イメージを作成することもできます。

イメージの領域解析 アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで [画像処理とコンピューター ビジョン] の下にある [イメージの領域解析] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプト: imageRegionAnalyzer と入力します。

プログラムによる使用

すべて展開する

imageRegionAnalyzer は、イメージの領域解析アプリを開きます。このアプリでは、別のバイナリ イメージを作成したり、バイナリ イメージ内の領域に関する情報を取得したりすることができます。

imageRegionAnalyzer(I) は、イメージの領域解析アプリを開き、イメージ I を読み込みます。

imageRegionAnalyzer close は、イメージの領域解析アプリの開いているすべてのインスタンスを閉じます。

R2014b で導入