Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成インターフェイス

[コード生成][インターフェイス] カテゴリには、生成コードのインターフェイスを構成するためのパラメーターが含まれています。これらのパラメーターには Simulink®Coder™ のライセンスが必要です。ERT ベースのターゲットで利用可能な追加パラメーターには Embedded Coder® のライセンスが必要です。NVIDIA® CUDA® Deep Neural Network library (cuDNN) または NVIDIA GPU 向けの TensorRT™ の高性能な推論ライブラリを使用して深層学習モデルのコードを生成するには、GPU Coder™ のライセンスが必要です。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの以下のコンフィギュレーション パラメーターは、[コード生成][インターフェイス] ペインにあります。

パラメーター説明

コード置換ライブラリ (Simulink Coder)

モデルのコードを生成する際にコード ジェネレーターが使用するコード置換ライブラリを 1 つ指定します。

コード置換ライブラリ (Simulink Coder)

モデルのコードを生成する際にコード ジェネレーターが使用する複数のコード置換ライブラリを指定します。

共有コードの配置 (Simulink Coder)

ユーティリティ関数、エクスポートされたデータ型の定義、およびカスタム ストレージ クラスを使用してエクスポートされたデータの宣言を生成する場所を指定します。

Support: floating-point numbers (Embedded Coder)

浮動小数点のデータと演算を生成するかどうかを指定します。

サポート: 非有限数 (Simulink Coder)

非有限データと非有限データに対する演算を生成するかどうかを指定します。

Support: complex numbers (Embedded Coder)

複素数のデータと演算を生成するかどうかを指定します。

Support: absolute time (Embedded Coder)

絶対時間値と経過時間値用に整数カウンターを生成して維持するかどうかを指定します。

Support: continuous time (Embedded Coder)

連続時間を使用するブロックのコードを生成するかどうかを指定します。

サポート: 可変サイズの信号 (Embedded Coder)

可変サイズの信号を使用するモデルのコードを生成するかどうかを指定します。

コード インターフェイスのパッケージ化 (Simulink Coder)

生成される C または C++ コード インターフェイスのパッケージ化を選択します。

マルチインスタンス コードのエラーの診断 (Simulink Coder)

モデルがマルチインスタンス コード生成の要件に違反したときに表示される診断の重大度レベルを選択します。

ルートレベル I/O を以下として渡す (Embedded Coder)

ルートレベルのモデル入力と出力が再利用可能な model_step 関数に渡される方法を制御します。

リアルタイム モデル データ構造のエラー ステータス フィールドを削除 (Embedded Coder)

エラー ステータスのログを作成するかまたはエラー ステータスを監視するかどうかを指定します。

モデル クラスにモデル タイプを含める (Embedded Coder)

モデル クラスにモデル タイプの定義を生成するかどうかを指定します。

配列のレイアウト (Simulink Coder)

コード生成で配列データのレイアウトを列優先にするか行優先にするかを指定します。

行優先コード生成の外部関数互換性 (Simulink Coder)

指定された配列レイアウトがない関数を Simulink が検出した場合の診断アクションを選択します。

C API の生成: 信号 (Simulink Coder)

信号構造体を使用した C API データ インターフェイス コードを生成します。

C API の生成: パラメーター (Simulink Coder)

パラメーター調整構造体を使用した C API データ インターフェイス コードを生成します。

C API の生成: 状態 (Simulink Coder)

状態構造体を使用した C API データ インターフェイス コードを生成します。

C API の生成: ルートレベル I/O (Simulink Coder)

ルートレベル I/O 構造体を使用した C API データ インターフェイス コードを生成します。

ASAP2 インターフェイス (Simulink Coder)

ASAP2 データ インターフェイスのコードを生成します。

エクスターナル モード (Simulink Coder)

エクスターナル モード データ インターフェイスのコードを生成します。

トランスポート層 (Simulink Coder)

通信の転送プロトコルを指定します。

MEX ファイルの引数 (Simulink Coder)

実行中ターゲットと通信するためにエクスターナル モード インターフェイス MEX ファイルに渡す引数を指定します。

静的なメモリ割り当て (Simulink Coder)

エクスターナル モード通信のためのメモリ バッファーを制御します。

静的なメモリ バッファー サイズ (Simulink Coder)

エクスターナル モード通信のためのメモリ バッファー サイズを指定します。

ターゲット ライブラリ (Simulink Coder)

コード生成中に使用されるターゲット深層学習ライブラリを指定します。

[cuDNN] または [TensorRT] には GPU Coder のライセンスが必要です。

ARM Compute Library のバージョン (Simulink Coder)

ARM® Compute Library のバージョンを指定します。

ARM Compute Library のアーキテクチャ (Simulink Coder)

ターゲット ハードウェアでサポートされている ARM アーキテクチャを指定します。

自動調整 (Simulink Coder)

cuDNN ライブラリの自動調整を使用します。自動調整を有効にすると、cuDNN ライブラリで最速の畳み込みアルゴリズムを見つけられるようになります。

このパラメーターには GPU Coder のライセンスが必要です。

これらのコンフィギュレーション パラメーターは [詳細設定パラメーター] の下にあります。

パラメーター説明

標準の数学ライブラリ (Simulink Coder)

実行環境の標準数学ライブラリを指定します。使用するライブラリをコンパイラがサポートしているかどうかを検証します。サポートしていない場合、コンパイル時エラーが発生する可能性があります。

C89/C90 (ANSI) - ISO®/IEC 9899:1990 C 標準数学ライブラリ
C99 (ISO) - ISO/IEC 9899:1999 C 標準数学ライブラリ
C++03 (ISO) - ISO/IEC 14882:2003 C++ 標準数学ライブラリ

Support non-inlined S-functions (Embedded Coder)

インラインでない S-Function のコードを生成するかどうかを指定します。

最大語長 (Simulink Coder)

コード生成プロセスがシステム定義マルチワード型定義を生成する際の最大語長をビット単位で指定します。

動的サイズ文字列のバッファー サイズ (バイト) (Simulink Coder)

最大長がない動的 string 信号に対して生成される文字バッファーのバイト数。

マルチワード タイプの定義 (Embedded Coder)

生成コードでマルチワード データ型に対してシステム定義またはユーザー定義の型定義を使用するかどうかを指定します。

クラシック コール インターフェイス (Simulink Coder)

R2012a より前に作成されたモデルの GRT ターゲットのメイン プログラム モジュールと互換性のあるモデル関数呼び出しを生成するかどうかを指定します。

モデルの初期化に動的メモリ割り当てを使用 (Embedded Coder)

生成コードがモデル データにメモリを割り当てる方法を制御します。

1 つの出力/更新関数 (Simulink Coder)

関数 model_step を生成するかどうかを指定します。

終了関数の生成 (Embedded Coder)

関数 model_terminate を生成するかどうかを指定します。

信号と状態の構造の統合 (Embedded Coder)

生成コードでグローバル ブロック信号とグローバル状態データを 1 つのデータ構造体に結合するかどうかを指定します。

Generate separate internal data per entry-point function (Embedded Coder)同じレートで動作するモデルのブロック信号 (Block I/O) と離散状態 (DWork) を同じデータ構造体に生成します。

MAT ファイルのログ (Simulink Coder)

MAT ファイルのログ記録を指定します。

MAT ファイルの変数名の修飾子 (Embedded Coder)

MAT ファイル変数名に追加するテキストを選択します。

既存の共有コード (Embedded Coder)

既存の共有コードが含まれているフォルダーを指定します。

Remove disable function (Embedded Coder)

モデル参照階層を含む ERT ベース システムに生成されるコードから、関数 disable の到達不能な (デッドコード) インスタンスを削除します。

Remove reset function (Embedded Coder)

モデル参照階層を含む ERT ベース システムに生成されるコードから、関数 reset の到達不能な (デッドコード) インスタンスを削除します。

等間隔指定に関する LUT オブジェクト構造体の順序 (Simulink Coder)

指定パラメーターが等間隔に設定されているルックアップ テーブル オブジェクトについて、生成された構造体のフィールドの順序を変更します。

明示的な値の指定に関する LUT オブジェクト構造体の順序 (Simulink Coder)

指定パラメーターが明示的な値に設定されているルックアップ テーブル オブジェクトについて、生成された構造体のフィールドの順序を変更します。

デストラクターの生成 (Embedded Coder)

C++ モデル クラスのデストラクターを生成するかどうかを指定します。

Use dynamic memory allocation for model block instantiation (Embedded Coder)

生成コードが、モデル オブジェクトの登録中に演算子 new を使用して、C++ クラス インターフェイスで構成された参照モデルのオブジェクトを初期化するかどうかを指定します。

コード置換ライブラリ (Simulink Coder)

コード置換ツールを使用してカスタム コード置換ライブラリを作成します。

カスタム ストレージ クラスを無視する (Embedded Coder)

カスタム ストレージ クラスを適用するか無視するかを指定します。

テスト ポイント信号を無視 (Embedded Coder)

テスト ポイントのメモリ バッファーの割り当てを指定します。

Implement each data store block as a unique access point (Embedded Coder)

Data Store Memory ブロックの読み取り/書き込み操作それぞれに対して固有の変数を作成します。

[詳細設定パラメーター] の下にある以下のパラメーターは使用頻度が低く、他のドキュメンテーションは存在しません。

パラメーター説明
GenerateSharedConstants

コード ジェネレーターのコード生成で共有定数および共有関数を使用するかどうかを制御します。既定値は on です。off に設定されると、コード ジェネレーターは共有定数を生成しません。

InferredTypesCompatibility

tmwtypes.h を含むレガシ コードとの互換性のため、コード ジェネレーターがプリプロセッサ命令 #define_TMWTYPES_ inside rtwtypes.h を作成することを指定します。

TargetLibSuffix
character vector - ''

ターゲットの依存ライブラリの命名に使用される接尾辞を制御します (例: _target.lib または _target.a)。指定する場合は、文字ベクトルにピリオド (.) を含める必要があります。(生成モデル参照ライブラリの場合、ライブラリの接尾辞の既定値は Windows® システムでは _rtwlib.lib、UNIX® システムでは _rtwlib.a です)。

メモ

このパラメーターはツールチェーン アプローチを使用するモデル ビルドには適用されません。ライブラリ制御パラメーター (Simulink Coder)を参照してください。

TargetPreCompLibLocation
character vector - ''

プリコンパイルされたライブラリの場所を管理します。このパラメーターを設定しない場合、コード ジェネレーターは rtwmakecfg.m で指定された場所を使用します。

IsERTTarget

現在選択されているターゲットが ERT ターゲットから派生しているかどうかを示します。

CPPClassGenCompliant

モデル コードへの C++ クラス インターフェイスの生成および構成がターゲットでサポートされているかどうかを示します

ConcurrentExecutionCompliant

ターゲットが同時実行をサポートするかどうかを示します

UseToolchainInfoCompliant

カスタム ターゲットがツールチェーン準拠であることを示します。

ModelStepFunctionPrototypeControlCompliant

Simulink モデル用に生成される初期化関数とステップ関数の関数プロトタイプの管理がターゲットでサポートされているかどうかを示します

ParMdlRefBuildCompliant

参照モデルを含むモデルをビルドする際、モデルが並列ビルド用に構成されているかどうかを示します。

CompOptLevelCompliant
off, on

ターゲットの SelectCallback で設定すると、[コンパイラ最適化レベル] パラメーターを使用して生成コードのビルド向けにコンパイラ最適化レベルを制御する機能をターゲットがサポートするかどうかを示します。

既定値は、カスタム ターゲットでは offSimulink Coder 製品および Embedded Coder 製品で提供されるターゲットでは on です。

ModelReferenceCompliant
文字ベクトル - off, on
ターゲットの SelectCallback で設定すると、ターゲットがモデル参照をサポートするかどうかを示します。
GenerateFullHeader

タイム スタンプを含む完全ヘッダーを生成します。

ERT ターゲットの場合、このパラメーターは [コード生成]、[テンプレート] ペインにあります。

以下のパラメーターは MathWorks 専用です。

パラメーター説明
ExtModeTestingMathWorks 専用です。
ExtModeIntrfLevelMathWorks 専用です。
ExtModeMexFileMathWorks 専用です。

関連するトピック