Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink モデルからのカーネルの作成

CUDA® GPU カーネルを作成する Simulink ブロック

GPU Coder™ は、MATLAB® Function ブロックを含む Simulink® モデルから最適化された CUDA カーネルを生成して実行します。生成コードでは、cuFFT、cuSolver、cuBLAS、cuDNN、TensorRT など、最適化された NVIDIA® CUDA ライブラリが呼び出されます。生成された CUDA コードを Simulink 内で使用して、シミュレーションの高速化、すべての NVIDIA GPU デバイスでのラピッド プロトタイピング、およびハードウェアインザループ テストを実行できます。

トピック

GPU Coder を使用したシミュレーションの高速化

NVIDIA GPU を使用したシミュレーションの高速化

GPU Coder を使用した Simulink モデルからのコード生成

GPU Coder を使用して、Simulink モデルから CUDA コードを生成します。

NVIDIA 組み込みボードのターゲット化

ビルドして NVIDIA GPU ボードに展開する。

数値的等価性テスト

モデルと生成されたコードのシミュレーション結果を比較する。

エクスターナル モードを使用したパラメーターの調整と信号の監視

開発用コンピューターとターゲット ハードウェアの間の TCP/IP 通信チャネルで、パラメーターを調整し、信号を監視します。

注目の例