Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: GPU による高速化

[シミュレーション ターゲット][GPU による高速化] カテゴリには、生成コードの GPU 固有の設定を構成するためのパラメーターが含まれています。

これらのパラメーターには GPU Coder™ のライセンスが必要です。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの以下のコンフィギュレーション パラメーターは、[シミュレーション ターゲット][GPU による高速化] ペインにあります。

パラメーター説明

カスタム Compute Capability (Simulink Coder)

コード生成のために NVIDIA® 仮想 GPU アーキテクチャの名前を指定します。

動的メモリ割り当てしきい値 (Simulink Coder)

このサイズを超えるとプライベート変数がスタックではなくヒープに割り当てられるようになるサイズを指定します。

GPU スレッドごとのスタック サイズ (Simulink Coder)

GPU スレッドあたりの最大スタック制限を指定します。

生成されたコードにエラー チェックを含める (Simulink Coder)

生成される CUDA® コードに実行時エラー チェック機能を追加します。

追加のコンパイラ フラグ (Simulink Coder)

nvcc コンパイラに追加フラグを指定します。

関連するトピック