Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成のカスタム コード

[コード生成][カスタム コード] カテゴリには、生成コードにカスタム C コードを挿入するためのパラメーターが含まれています。これらのパラメーターには Simulink®Coder™ のライセンスが必要です。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの以下のコンフィギュレーション パラメーターは、[コード生成][カスタム コード] ペインにあります。

パラメーター説明

シミュレーション ターゲットと同じカスタム コードの設定を使用 (Simulink Coder)

[シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインで指定されているものと同じカスタム コード設定を使用するかどうかを指定します。

ソース ファイル (Simulink Coder)

生成されるモデル ソース ファイルの先頭付近に含めるカスタム コードを指定します。

ヘッダー ファイル (Simulink Coder)

生成されるモデル ヘッダー ファイルの先頭付近に含めるカスタム コードを指定します。

初期化関数 (Simulink Coder)

生成されるモデル初期化関数に含めるカスタム コードを指定します。

終了関数 (Simulink Coder)

生成されるモデル終了関数に含めるカスタム コードを指定します。

インクルード ディレクトリ (Simulink Coder)

インクルード パスに追加するインクルード フォルダーのリストを指定します。

ソース ファイル (Simulink Coder)

コンパイルして生成コードとリンクする追加ソース ファイルのリストを指定します。

ライブラリ (Simulink Coder)

生成コードとリンクする追加ライブラリのリストを指定します。

定義 (Simulink Coder)

コンパイラ コマンド ラインに追加するプリプロセッサ マクロ定義を指定します。

関連するトピック