Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成

[コード生成] カテゴリには、ターゲット選択を含む、コード生成プロセスを定義するためのパラメーターが含まれています。また、データと関数用に生成されたコードにコメントやプラグマを挿入するためのパラメーターも含まれています。これらのパラメーターには Simulink®Coder™ のライセンスが必要です。ERT ベースのターゲットで利用可能な追加パラメーターには Embedded Coder® のライセンスが必要です。NVIDIA® GPU の CUDA® C++ コード生成には GPU Coder™ のライセンスが必要です。

これらのコンフィギュレーション パラメーターは、[コンフィギュレーション パラメーター][コード生成] 一般カテゴリに表示されます。

パラメーター説明

システム ターゲット ファイル (Simulink Coder)

使用するターゲット ファイル構成を指定します。

参照 (Simulink Coder)

ファイル構成オプションを参照します。

言語 (Simulink Coder)

C または C++ コードの生成を指定します。

GPU コードの生成 (Simulink Coder)

CUDA コード生成に GPU Coder を使用します。

このパラメーターには GPU Coder のライセンスが必要です。

説明 (Simulink Coder)

ターゲット ファイルの説明。

コード生成のみ (Simulink Coder)

コード生成か実行可能ファイルのビルドかを指定します。

コードとアーティファクトのパッケージ化 (Simulink Coder)

生成されたコードとアーティファクトを移動用として自動的にパッケージ化するかどうかを指定します。

Zip ファイル名 (Simulink Coder)

生成されたコードとアーティファクトを移動用としてパッケージ化する .zip ファイルの名前を指定します。

コンパイラ最適化レベル (Simulink Coder)

生成コードのビルドに関してコンパイラの最適化を制御します。

カスタム コンパイラ最適化フラグ (Simulink Coder)

カスタム コンパイラ最適化フラグを指定します。

ツールチェーン (Simulink Coder)

実行可能ファイルまたはライブラリのビルド時に使用するツールチェーンを指定します。

ビルド構成 (Simulink Coder)

コンパイラ最適化またはツールチェーン用デバッグ設定を指定します。

ツール/オプション (Simulink Coder)

ビルド構成設定を表示またはカスタマイズします。

makefile の生成 (Simulink Coder)

テンプレート makefile に基づく makefile の生成を有効にします。

make コマンド (Simulink Coder)

make コマンドを指定し、必要に応じて makefile オプションを追加します。

テンプレート makefile (Simulink Coder)

makefile の生成元となるテンプレート makefile を指定します。

目的の選択 (Simulink Coder)

コード生成アドバイザーで使用するコード生成の目的を選択します。

優先順位が設定された目的 (Simulink Coder)

優先順位が設定されたコード生成の目的のリスト。

目的の設定 (Simulink Coder)

コンフィギュレーションの [目的の設定] ダイアログ ボックスを開きます。

[目的の設定 - コード生成アドバイザー] ダイアログ ボックス (Embedded Coder)

コード生成の目的を選択して優先順位を設定します。

コード生成前にモデルをチェック (Simulink Coder)

コード生成の前にコード生成アドバイザー チェックを実行するかどうかを選択します。

モデルのチェック (Simulink Coder)

モデルがコード生成の目的を満たすかどうかをチェックします。

これらのコンフィギュレーション パラメーターは [詳細設定パラメーター] の下にあります。

パラメーター説明

カスタム FFT ライブラリのコールバック (Simulink Coder)

MATLAB® コード内の FFT 関数に対して生成されたコード内の FFTW ライブラリの呼び出し用コールバック クラスを指定します。

カスタム BLAS ライブラリのコールバック (Simulink Coder)

MATLAB コードから生成されたコード内の BLAS の呼び出し用 BLAS ライブラリ コールバック クラスを指定します。

カスタム LAPACK ライブラリのコールバック (Simulink Coder)

MATLAB コードから生成されたコード内の LAPACK の呼び出し用 LAPACK ライブラリ コールバック クラスを指定します。

詳細なビルド (コマンド表示) (Simulink Coder)

コード生成の進行状況を表示します。

.rtw ファイルを残す (Simulink Coder)

model.rtw ファイルの保持を指定します。

TLC プロファイル (Simulink Coder)

TLC ファイルの実行時間をプロファイリングします。

TLC アサーションを有効にする (Simulink Coder)

TLC スタック トレースを生成します。

コード生成時に TLC カバレッジを実行 (Simulink Coder)

TLC 実行レポートを生成します。

コード生成時に TLC デバッガーを実行 (Simulink Coder)

TLC デバッガーの使用を指定します。

Simulink ツールストリップでのカスタム ハードウェア アプリの表示 (Simulink Coder)

Simulink ツールストリップの読み取り専用内部パラメーター。

Simulink ツールストリップでの組み込みハードウェア アプリの表示 (Simulink Coder)

Simulink ツールストリップの読み取り専用内部パラメーター。

Package (Embedded Coder)

モデルレベルの関数と内部データに適用するメモリ セクションを含むパッケージを指定します。

パッケージ リストの更新 (Embedded Coder)

パッケージのリストへの検索パスにあるユーザー定義パッケージを追加します。

Initialize/Terminate (Embedded Coder)

初期化/開始および終了関数にメモリ セクションを適用するかどうかを指定します。

Execution (Embedded Coder)

実行関数にメモリ セクションを適用するかどうかを指定します。

Shared utility (Embedded Coder)

共有ユーティリティ関数にメモリ セクションを適用するかどうかを指定します。

Constants (Embedded Coder)

定数にメモリ セクションを適用するかどうかを指定します。

Inputs/Outputs (Embedded Coder)

ルート入力および出力にメモリ セクションを適用するかどうかを指定します。

Internal data (Embedded Coder)

内部データにメモリ セクションを適用するかどうかを指定します。

Parameters (Embedded Coder)

パラメーターにメモリ セクションを適用するかどうかを指定します。

Validation results (Embedded Coder)

メモリ セクション検証の結果を表示します。

[詳細設定パラメーター] の下にある、以下のパラメーターは使用頻度が低く、他のドキュメンテーションは存在しません。

パラメーター説明
PostCodeGenCommand
character vector - ''
指定されたコード生成後のコマンドをモデルのビルド プロセスに追加します。
TLCOptions
character vector - ''
追加の TLC コマンド ライン オプションを指定します。

以下のパラメーターは MathWorks 専用です。

パラメーター説明
CommentMathWorks 専用です。
PreserveNameMathWorks 専用です。
PreserveNameWithParentMathWorks 専用です。
SignalNamingFcnMathWorks 専用です。
TargetTypeEmulationWarnSuppressLevel
int - 0

MathWorks 専用です。

2 以上の場合、ラピッド プロトタイピング環境で整数サイズをエミュレートするときにコード ジェネレーターが表示する警告メッセージを非表示にします。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスには、他のコード生成パラメーターも含まれています。

関連するトピック