Main Content

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成のカスタム コード

[コード生成][カスタム コード] カテゴリには、生成コードにカスタム C コードを挿入するためのパラメーターが含まれています。これらのパラメーターには Simulink® Coder™ のライセンスが必要です。

次のコンフィギュレーション パラメーターは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成][カスタム コード] ペインにあります。

パラメーター説明

シミュレーション ターゲットと同じカスタム コードの設定を使用

[シミュレーション ターゲット][カスタム コード] ペインと同じカスタム コード設定を使用するかどうかを指定します。

ソース ファイル

生成されたモデルのソース ファイルの上部に含めるカスタム コードを指定します。

ヘッダー ファイル

生成されたモデルのヘッダー ファイルの上部に含めるカスタム コードを指定します。

初期化関数

生成されたモデルの初期化関数に含めるカスタム コードを指定します。

終了関数

生成されたモデルの終了関数に含めるカスタム コードを指定します。

インクルード ディレクトリ

インクルード パスに追加するインクルード フォルダーのリストを指定します。

ソース ファイル

コンパイルして生成コードにリンクする追加のソース ファイルのリストを指定します。

ライブラリ

生成コードにリンクする追加ライブラリのリストを指定します。

定義

コンパイラ コマンド ラインに追加するプリプロセッサ マクロ定義を指定します。

関連するトピック