Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

参照

説明

システム ターゲット ファイル ブラウザーを開くと、システム ターゲット ファイル、テンプレート makefile および make コマンドなど、事前設定済みのターゲット コンフィギュレーションを選択できます。選択した値は、システム ターゲット ファイルに埋め込まれます。

カテゴリ: コード生成

ヒント

  • システム ターゲット ファイル ブラウザーには、MATLAB® パスで検出されたシステム ターゲット ファイルが一覧表示されます。一部のシステム ターゲット ファイルには Embedded Coder® 製品などの追加のライセンスが必要です。

  • ラピッド シミュレーション用のモデルを構成するには rsim.tlc を選択します。

  • Simulink® Real-Time™ 用のモデルを構成するには slrealtime.tlc を選択します。

関連するトピック