Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Constants

説明

定数にメモリ セクションを適用するかどうかを指定します。

カテゴリ: コード生成

設定

モデルレベルの関数と内部データに関するメモリ セクションの仕様は、モデルの最上位レベルと、オーバーライドするメモリ セクションの仕様を含む Atomic サブシステムを除くサブシステムに適用されます。

既定の設定: 既定

既定

定数に対するメモリ セクションの使用を抑制します。

memory-section-name

定数にメモリ セクションを適用します。

このパラメーターは、以下を含む生成されたグローバル データ構造体に適用されます。

  • 定数パラメーター

  • 定数ブロック I/O

モデルに対して生成されるグローバル データ構造体の基本情報については、Data Structures in the Generated Codeを参照してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: MemSecDataConstants
型: 文字ベクトル
値: 'Default' | 'MemConst' | 'MemVolatile' | 'MemConstVolatile'
既定の設定: 'Default'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック