Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: GPU コード

[コード生成][GPU コード] カテゴリには、生成コードの GPU 固有の設定を構成するためのパラメーターが含まれています。

これらのパラメーターには GPU Coder™ のライセンスが必要です。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの以下のコンフィギュレーション パラメーターは、[コード生成][GPU コード] ペインにあります。

パラメーター説明

GPU インデックス (Simulink Coder)

ターゲットにする CUDA® デバイスを指定します。

Compute Capability (Simulink Coder)

CUDA コードの生成に最低限の Compute Capability を指定します。

カスタム Compute Capability (Simulink Coder)

コード生成のために NVIDIA® 仮想 GPU アーキテクチャの名前を指定します。

メモリ割り当てモード (Simulink Coder)

生成された CUDA コードで使用されるメモリ割り当て (malloc) モードを指定します。

Maximum blocks per kernel (Simulink Coder)

カーネルの起動中に作成される CUDA ブロックの最大数を指定します。

動的メモリ割り当てしきい値 (Simulink Coder)

このサイズを超えるとプライベート変数がスタックではなくヒープに割り当てられるようになるサイズを指定します。

GPU スレッドごとのスタック サイズ (Simulink Coder)

GPU スレッドあたりの最大スタック制限を指定します。

生成されたコードにエラー チェックを含める (Simulink Coder)

生成される CUDA コードに実行時エラー チェック機能を追加します。

カーネル名の接頭辞 (Simulink Coder)

カスタムのカーネル名の接頭辞を指定します。

追加のコンパイラ フラグ (Simulink Coder)

nvcc コンパイラに追加フラグを指定します。

cuBLAS (Simulink Coder)

数学関数の呼び出しと NVIDIA cuBLAS ライブラリの呼び出しの置換。

cuSOLVER (Simulink Coder)

数学関数の呼び出しと NVIDIA cuSOLVER ライブラリの呼び出しの置換。

cuFFT (Simulink Coder)

数学関数の呼び出しと NVIDIA cuFFT ライブラリの呼び出しの置換。

関連するトピック