Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成レポート

[コード生成][レポート] カテゴリには、コード生成レポートの生成とカスタマイズのためのパラメーターが含まれています。これらのパラメーターには Simulink®Coder™ のライセンスが必要です。ERT ベースのターゲットで利用可能な追加パラメーターには Embedded Coder® のライセンスが必要です。

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの以下のコンフィギュレーション パラメーターは、[コード生成][レポート] ペインにあります。

パラメーター説明

コード生成レポートを作成 (Simulink Coder)

HTML レポートに生成されたコードを記録します。

レポートを自動的に開く (Simulink Coder)

コード生成レポートを自動的に表示するかどうかを指定します。

Generate model Web view (Embedded Coder)

同じウィンドウ内でコードとモデルを移動するために、コード生成レポートにモデルの Web ビューを含めます。

静的コード メトリクスの生成 (Embedded Coder)

コード生成レポートに静的コード メトリクス レポートを含めます。

これらのコンフィギュレーション パラメーターは [詳細設定パラメーター] の下にあります。

パラメーター説明

コードからモデルに (Embedded Coder)

モデルのブロック線図の対応する Simulink ブロック、Stateflow® オブジェクト、および MATLAB® 関数にコードをリンクさせる、コード生成レポートのハイパーリンクを含めます。

Model-to-code (Embedded Coder)

モデルのブロック線図の Simulink ブロック、Stateflow オブジェクト、および MATLAB 関数を、生成される HTML レポート内の対応するコード セグメントにリンクすることにより、ブロックに対して生成されたコードを必要に応じて強調表示できるようにします。

Configure (Embedded Coder)

以前生成されたモデル コードが含まれるビルド フォルダーに対して強調表示を指定するために、[モデルからコードへのナビゲーション] ダイアログ ボックスを開きます。

Eliminated / virtual blocks (Embedded Coder)

コード生成レポートに削除されたブロックとバーチャル ブロックの概要を含めます。

Traceable Simulink blocks (Embedded Coder)

コード生成レポートに Simulink ブロックの概要を含めます。

Traceable Stateflow objects (Embedded Coder)

コード生成レポートに Stateflow オブジェクトの概要を含めます。

Traceable MATLAB functions (Embedded Coder)

コード生成レポートに MATLAB 関数の概要を含めます。

Summarize which blocks triggered code replacements (Embedded Coder)

使用される置換関数とその関連ブロックの概要を示すコード置換レポートをコード生成レポートに含めます。

関連するトピック