Main Content

NVIDIA 組み込みボードのターゲット化

MATLAB® Coder™ Support Package for NVIDIA® Jetson® and NVIDIA DRIVE™ Platforms により、生成コードをビルドしてターゲット ハードウェア ボードに展開することで、組み込み NVIDIA ボードへの Simulink® モデルの展開を自動化できます。また、ターゲットとリモートで通信して、プロトタイピングを目的とした周辺機器デバイスを制御できます。

NVIDIA ターゲットへの展開の例については、Deploy and Classify Webcam Images on NVIDIA Jetson TX2 Platform from Simulink (MATLAB Coder Support Package for NVIDIA Jetson and NVIDIA DRIVE Platforms)を参照してください。

メモ

R2021a 以降、MATLAB Coder Support Package for NVIDIA Jetson and NVIDIA DRIVE® Platforms の名称は、MATLAB Coder Support Package for NVIDIA Jetson and NVIDIA DRIVE Platforms になりました。R2021a でこのサポート パッケージを使用するには、MATLAB Coder 製品がインストールされていなければなりません。

展開のためのモデルの構成

モデル コンフィギュレーション パラメーターにより、コードの生成とビルドのプロセスのさまざまなオプションを指定できます。

  1. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。[ハードウェア実行] ペインを選択します。[ハードウェア ボード][NVIDIA Jetson] に設定します。[NVIDIA Drive] も使用できます。

  2. [Target hardware resources] グループで、ターゲット ハードウェアの [デバイス アドレス][ユーザー名][パスワード] を設定します。デバイス アドレスは、ターゲット プラットフォームの IP アドレスまたはホスト名です。

  3. [OK] をクリックして、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを保存して閉じます。

    set_param を使用して、モデル パラメーターの構成を MATLAB コマンド ウィンドウでプログラムによって行うこともできます。

    set_param(<modelname>,'HardwareBoard','NVIDIA Jetson');
    

モデルの CUDA コードの生成

  1. ハードウェア パラメーターの設定が完了したら、Simulink エディターで [ハードウェア] タブを開きます。

  2. [ビルド、配布および起動] を選択します。コードが生成され、ハードウェアに展開されます。

    Snapshot of the hardware tab on the Simulink toolstrip.

参考

関数

関連するトピック