ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Ports and Subsystems

Inport、Outport、Subsystem、Model などのサブシステムに関連するブロック

ブロック

Inportサブシステムの入力端子、または外部入力を作成
Outportサブシステムの出力端子または外部出力を作成
In Bus Element 入力端子に接続する信号を選択する
Out Bus Element出力端子に接続する信号の指定
Subsystemモデルの階層構造を作成するためのブロックのグループ化
Unit System Configuration単位の設定
Modelモデル階層の作成のための別のモデルの参照
Variant Subsystemバリアントの選択として Subsystem ブロックまたは Model ブロックが含まれているテンプレート サブシステム
Configurable Subsystemユーザー指定のブロック ライブラリから選択されたブロックの表示
Atomic Subsystemモデルの階層構造を作成するためのブロックのグループ化
CodeReuse Subsystemモデルの階層構造を作成するためのブロックのグループ化
Enabled Subsystem外部入力によって実行がイネーブルになるサブシステム
Triggered Subsystem外部入力により実行がトリガーされるサブシステム
Enabled and Triggered Subsystem実行が外部入力によって有効化され、トリガーされるサブシステム
Resettable Subsystem 外部トリガーでブロックの状態がリセットされるサブシステム
If Action SubsystemIf ブロックで実行が有効化されるサブシステム
Switch Case Action SubsystemSwitch Case ブロックによって実行が有効になるサブシステム
For Iterator Subsystemシミュレーション タイム ステップ中に実行を繰り返すサブシステム
For Each Subsystem入力信号の各要素またはサブ配列で実行を繰り返し、結果を連結するサブシステム
While Iterator Subsystemシミュレーション タイム ステップ中に実行を繰り返すサブシステム
Triggerサブシステムまたはモデルにトリガー端子または関数端子を追加
Action Portアクション信号の制御端子のサブシステムへの追加
Enableイネーブル端子をサブシステムまたはモデルに追加
Resetサブシステムにリセット端子を追加
For Eachマスク パラメーターまたは入力信号の要素またはサブ配列を個別に処理
For Iteratorタイム ステップの間、指定された反復回数だけサブシステムの実行を繰り返す
Ifif-else ステートメントに類似したロジックを使用してサブシステム実行を選択
Switch Caseswitch ステートメントと似たロジックを使用してサブシステムの実行を選択
While Iterator論理式が true の間、サブシステムの実行を繰り返す
Function-Call Subsystem外部関数呼び出し入力により実行が制御されるサブシステム。
Function-Call Feedback Latch関数呼び出しブロック間でデータ信号を含んでいるフィードバック ループを抜け出す
Function-Call Generatorサブシステムまたはモデルの実行を制御する関数呼び出しイベントを提供
Function-Call Split関数呼び出しラインを分割するためのジャンクションを提供する

トピック

制御フロー ロジックの使用

制御フロー ブロックを使用した制御ロジックのモデル作成方法。