ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

記述統計

ピーク、RMS レベル、ピーク間振幅、波高因子、動的タイム ワーピング、CUSUM 管理チャート、編集距離

findpeaks を使用して信号の局所的最大値の位置を特定し、高さ、幅またはプロミネンスで並べ替えます。関数 peak2rms を使用して信号の波高因子を求め、最大値、最小値、標準偏差、RMS レベルなどの一般的な記述統計を計算します。大規模なデータセット内で対象となる信号を検証し、信号を時間で揃えます。信号が突然変動するまたはターゲット範囲を超えてドリフトする点を特定します。解析または機械学習や深層学習の各アプリケーションの信号をラベル付けします。

関数

cummax累積最大値
cummin累積最小値
envelope信号の包絡線
max配列の最大要素
mean配列の平均値
meanfreq周波数平均
medfreq周波数中央値
median配列の中央値
min配列の最小要素
movmad移動中央絶対偏差
movmedian移動中央値
peak2peak最大値と最小値の差
peak2rmsピーク振幅と RMS の比
rms平方根平均二乗レベル
rssq 二乗和平方根レベル
seqperiodシーケンスの周期の計算
std標準偏差
var分散
alignsignals最初の信号の遅延による 2 つの信号の整列
cusum累積和を使用した平均値のわずかな変化の検出
dtw動的タイム ワーピングを使用した信号間の距離
edr実信号での編集距離
findchangepts信号の急激な変化の検出
finddelay信号間の遅延の推定
findpeaks局所的最大値
findsignal類似性検索を使用した信号の位置の検出
labeledSignalSetラベル付き信号セットの作成
signalLabelDefinition信号ラベル定義の作成

アプリ

信号アナライザー複数の信号とスペクトルの可視化および比較

機能のラベル付け

信号ラベラー解析または機械学習や深層学習の各アプリケーションの信号のラベル付け

トピック

周期的波形の RMS 値

正弦波、方形波および矩形パルス列の平方根平均二乗値を求めます。

データのピークの検出

データセット内の局所的最大値の位置を特定し、これらのピークが定期的に発生するかどうかを判断します。

プロミネンス

ピークの "プロミネンス" はピークの固有の高さと、他のピークとの相対的な位置によって、そのピークがどの程度突出しているかを測定します。

注目の例