Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

shortensigroi

信号の関心領域の左右からの短縮

説明

roilimsout = shortensigroi(roilims,sl,sr) は、roilims で指定された信号の関心領域を左から sl サンプル、右から sr サンプル短縮します。関数は長さ sl + sr 以下のすべての領域を削除します。

すべて折りたたむ

信号の関心領域を表現する 2 列の整数の行列を作成します。関心領域を左から 3 サンプル、右から 2 サンプル短縮します。shortensigroi は、その長さを超えて関心領域を短縮することはしません。

rois = [1 10; 17 26; 24 32; 38 40];

xrois = shortensigroi(rois,3,2)
xrois = 3×2

     4     8
    20    24
    27    30

入力引数

すべて折りたたむ

関心領域の範囲。2 列の正の整数の行列として指定します。roilims の i 番目の行には、信号の i 番目の関心領域の開始サンプルと終了サンプルに対応する非減少インデックスが格納されます。

例: [5 8; 12 20; 18 25] は、3 つの領域をもつ 2 列の関心領域行列を指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

左から短縮するサンプルの数。非負の整数として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

右から短縮するサンプルの数。非負の整数として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

出力引数

すべて折りたたむ

変更された関心領域の範囲。2 列の正の整数の行列として返されます。出力範囲は、関数 sortrows を使用して並べ替えられた順序で返されます。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2020b で導入