ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

seqperiod

シーケンスの周期の計算

構文

p = seqperiod(x)
[p,num] = seqperiod(x)

説明

p = seqperiod(x) では、ベクトル x のシーケンスの周期を表す整数 p が返されます。周期 p は、ベクトル x 内で p サンプルごとに連続的に繰り返される、長さが最小の x のサブシーケンス x(1:p) として計算されます。x の長さは、p の倍数である必要はありません。このため、x の最後の部分には不完全な繰り返しの部分をもつことができます。シーケンス x が周期性をもたない場合、結果は p = length(x) となります。

  • x が行列の場合、seqperiod では、x の各列で周期性がチェックされます。結果として得られる出力 p は、x と同じ列数をもつ行ベクトルになります。

  • x が、多次元配列の場合、seqperiod では x の大きさが 1 でない最初の次元で周期性がチェックされます。この場合、

    • p は、最初に大きさが 1 の次元をもつ整数の多次元配列になります。

    • p の残りの次元の長さは、最初の大きさが 1 でない配列のあとの x の次元数と等しくなります。

[p,num] = seqperiod(x) では、x の繰り返し部分 x(1:p) の数 num も返されます。num が整数ではない場合もあります。

すべて折りたたむ

マルチチャネル信号を生成し、各列の周期を求めます。

x = [4 0 1 6; 
     2 0 2 7; 
     4 0 1 5; 
     2 0 5 6];

p = seqperiod(x)
p = 1×4

     2     1     4     3

x の最初の列は、周期 2 をもっています。x の 2 列目は、周期 1 をもっています。x の 3 列目は、周期性を示していません。そのため、p(3) は、単に x の行数になります。x の 4 列目は、周期 3 をもっています。ただし、周期的なシーケンスの 2 番目の繰り返しは部分的なものです。

R2006a より前に導入