電動化

MATLAB および Simulink を使用すると、動的ポリシーの実装、リアルタイムデータの組み込み、およびエネルギーマネジメントシステム (EMS) 運用における自動化レベルの向上により、スマートかつ効率的な EMS を設計できます。MATLAB および Simulink は、データアクセスおよびモデル化から最適化および展開までの EMS 開発ワークフローに使用できます。

  • 電力需要と発電量、電力価格、および天候状況の予測モデルの作成
  • 電力システムおよび HVAC システムの運用スケジューリングに最適な EMS 制御手法をモデル化、シミュレーション、および設計
  • 監視制御向けのコードをエッジデバイスで生成して組み込みのコントローラーに展開
  • 運用最適化ソフトウェアを実稼働クラウド環境に展開
システムのさまざまな機能を示すビル エネルギーマネジメントシステム

ビル EMS エネルギー需要予測

MATLAB および Simulink を使用すると、環境要因および技術経済要因に関するデータ駆動型の需要予測を実行して、ビル エネルギーマネジメントシステムの運用を最適化することができます。

  • ファイルまたはデータベースから時系列データにアクセス
  • MATLAB で対話型のアプリおよびワークフローの自動化を使用して、データの前処理、解析、および可視化を実行
  • 事前構築済みの統計モデル計量経済学モデル、または機械学習 および ディープラーニングモデルから選択
  • 予測モデルの並列学習を行って、モデルの性能を評価
  • シミュレーション用に Simulink で学習済みエネルギー需要予測モデルを物理システムモデルに直接統合
MATLAB で機械学習とディープラーニングを使用した、あるエリアのエネルギー需要予測を示すダッシュボード

例を試す


ビル EMS のモデル化、シミュレーション、および最適化

MATLAB および Simulink を電気システムモデリング、EMS 制御設計、および EMS 最適化のための設計環境として使用できます。

電気システムのためのスケジューラおよびプラントを備えた住宅のエネルギーマネジメントシステムを示す Simulink モデル

例を試す


ビル EMS の妥当性確認および展開

システムモデルからコードを生成してビル EMS 設計の妥当性を確認することにより、デスクトップ シミュレーションからリアルタイム シミュレーションへ迅速に移行できます。制御のエッジへの展開、および運用管理システムのクラウドへの展開が可能です。

MathWorks HVAC オペレーションの Clockworks ダッシュボード