MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

Simulink® で流体システムをモデリングするのは、一般に困難なタスクです。Simscape Fluids™ を使用すれば、このタスクを大幅に簡略化できます。本コースは、Simscape Fluids™ のモデリングスキルを、以下の2例を基に習得できます。 題材は、油圧シリンダアクチュエータと四方向弁の制御システムと、大型装置の空冷および流体による熱交換の冷却制御システムです。 各章で習得するスキルは以下となります。

  • 油圧機械システム:油圧回路のシミュレーションモデル
  • 油圧による作動と制御:モデリングした油圧回路に対して、自動制御とフェールセーフをモデリング
  • 熱流体システム:高温と低温の2流体の熱交換
  • 気体システム:液体と気体の熱交換
  • カスタム モデル ケース スタディ:実現象を考量したモデリングのテクニック

1日目1


油圧機械システム

目的: Simscape と Simscape Fluids ブロックを使用して油圧エネルギーと機械エネルギーを相互に変換するモデルを構築します。

  • Simscape での油圧モデリング
  • データのログ記録と可視化
  • 油圧機械コンポーネント
  • 流体力学と作動油プロパティ

油圧による作動と制御

目的: バルブとアキュムレータにより制御される、閉ループの流体システムモデルを構築します。

  • Simscape Fluids のバルブ
  • Simulink によるフィードバック制御
  • アキュムレータ制御
  • モデルの階層構造とソルバー

熱流体システム

目的: 熱や高度の影響を考慮した流体冷却システムのモデル作成について学びます。

  • 熱流体ネットワーク
  • 熱ネットワーク
  • 熱交換器
  • 高度の影響
  • 温度制御

気体システム

目的: 非常用換気システムを備えた強制空冷システムをモデル化について学びます。

  • 気体ネットワーク
  • 強制空気冷却
  • 非円形パイプ ジオメトリ
  • 換気制御
  • システムの統合

レベル: 上級

必要条件:

期間: 1 日

言語: English

スケジュールを確認して登録する