MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この1日コースでは Simscape® を使って様々な物理ドメインのシステムをモデル化し、それらをマルチドメインシステムとして Simulink® 環境で統合する方法を学びます。

  • Simscape™ および物理ネットワーク アプローチの紹介
  • Simscape™ コンポーネントの操作
  • 物理ドメインの接続
  • Simscape™ モデルと Simulink® モデルの統合
  • Simscape™ 言語によるカスタム コンポーネントの作成

1日目


Simscape™ および物理ネットワーク アプローチの紹介

目的: 簡単な電気システムのモデル化を行い、Simscape 環境の基本について学びます。

  • Simscape の紹介
  • Simulink と Simscape の違い
  • Simscape でのモデルの作成とシミュレーション
  • Simscape でのモデル化のガイドライン

Simscape™ コンポーネントの操作

目的: 機構系システムのモデル化を通じて、Simscape ブロック ダイアグラムを解釈し、Simscape の物理変数を認識する方法を学びます。

  • Simscape™ コンポーネントの基礎の説明
  • Simscape Foundation ライブラリの使用
  • 初期条件の設定
  • 物理変数のログ

物理ドメインの接続

目的: 異なる物理ドメインのモデルを接続して、マルチドメインモデルを作成する方法を学びます。

  • マルチドメイン物理コンポーネントの作成
  • 物理領域間の理想的な接続と非理想的な接続のモデル化
  • モデルのサブシステムへの分割
  • モデルのパラメーター化

Simscape™ モデルと Simulink® モデルの統合

目的: モデル化の柔軟性を向上するために Simulink ブロックを Simscape ブロックに接続する方法を学びます。

  • 物理量信号と Simulink® 信号の接続
  • 物理量信号での演算の実行
  • 物理モデルの制御
  • Simscape™ ブロックおよび Simulink ブロックを使用したモデルの解法

Simscape™ 言語によるカスタム コンポーネントの作成

目的: Simscape 言語を使用して Simscape 上でカスタム物理コンポーネントを作成する方法を学びます。

  • Simscape 言語
  • カスタムコンポーネントのワークフロー
  • 完全なカスタムコンポーネントの例

レベル: 上級

必要条件:

期間: 1 日

言語: Deutsch, English, Français, 日本語, 한국어

スケジュールを確認して登録する