MATLAB および Simulink トレーニング

コースの詳細

この2日間のコースでは、Simulink®ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術と ツールの使い方を学びます。

  • Simulink モデルの作成・修正およびシステムダイナミクスのシミュレーション
  • 連続時間システム、離散時間システム、およびハイブリッド システムのモデリング
  • シミュレーションの精度と実行スピードに影響を及ぼすソルバーの設定の変更
  • モデル階層の構築
  • 再利用可能なサブシステム、ライブラリ、モデル参照の作成

信号処理・通信をご専門とされる方は、Simulink による信号処理コース を参照してください。

1日目


モデルの作成とシミュレーション

目的: 簡単な Simulink モデルを作成し、シミュレーション、応答の確認を行う方法について学びます。

  • Simulink® インターフェイスの紹介
  • ポテンショメーター システム
  • システムの入力と出力
  • シミュレーションおよび解析

制御構文のモデル化

目的: 基本的な制御構文のモデル化とシミュレーションを行う方法について学びます。

  • 比較と決定ステートメント
  • ベクトル信号
  • PWM 変換システム
  • ゼロ クロッシング
  • MATLAB Function ブロック

離散システムのモデル化

目的: 離散システムのモデル化とシミュレーションを行う方法について学びます。

  • 離散信号と離散状態
  • PI コントローラー システム
  • 離散伝達関数と状態空間システム
  • マルチレート離散システム

連続システムのモデル化

目的: 連続システムのモデル化とシミュレーションを行う方法について学びます

  • 連続状態
  • スロットル システム
  • 連続伝達関数と状態空間システム
  • 物理境界

2日目


ソルバーの選択

目的: 与えられた Simulink モデルに対し適切なソルバーを選択する方法について学びます。

  • ソルバーの動作
  • シミュレーションの速度と精度に影響する要素
  • システム ダイナミクス
  • 不連続性
  • 代数ループ

モデル階層構造の作成

目的: サブシステムを用いて小さなシステムから大きなシステムを作成する方法について学びます。

  • サブシステム
  • バス信号
  • マスク

条件付き実行アルゴリズムのモデル化

目的: 制御信号に基づいて実行されるサブシステムを作成する方法について学びます。

  • 条件付き実行サブシステム
  • Enabled Subsystem
  • Triggered Subsystem
  • 入力検証モデル

モデルとブロック線図の結合

目的: モデル参照を使用してモデルを結合する方法について学びます。

  • モデル参照とサブシステム
  • モデル参照ワークフロー
  • モデル参照のシミュレーション モード
  • モデル ワークスペース
  • モデルの依存関係

ライブラリの作成

目的: ライブラリを使用してカスタムブロックを作成し、配布する方法について学びます。

  • ライブラリの作成とライブラリの追加
  • ライブラリ リンクの管理
  • Simulink ライブラリブラウザーへのライブラリの追加

レベル: 初級

必要条件:

  • MATLAB 基礎, 自動車分野向けMATLAB 基礎 コースを受講された方、または同等の知識を有する方

期間: 2 日間

言語: Deutsch, English, Français, 한국어, 中文

スケジュールを確認して登録する