リアルタイムシミュレーション

ハードウェアを用いて、リアルタイムでSimulinkモデルをシミュレーションしテストする

リアルタイムシミュレーションにおけるテストとは、要求された処理を一定時間内に完了させることを前提とし、単にシミュレーションだけでなく、シミュレーションを超越したアルゴリズム検証が可能です。

実行されるモデルは、センサ、アクチュエータ、そして様々なハードウェアといった実機と接続されます。リアルタイムシミュレーションにおけるテストとは、ラピッドコントロールプロトタイピング、DSPおよびビジョンシステムプロトタイピング、そしてハードウェア•イン•ザ•ループ(HIL)シミュレーションまでが網羅されます。

ラピッドコントロールプロトタイピング

97972

制御モデルが実装されたターゲットコンピュータハードウェアと実プラントや実システムと接続してリアルタイムテストを実施します。 (ターゲットコンピュータのハードウェアはコントローラとして機能)

ハードウェア•イン•ザ•ループシミュレーション

97973

プラントやシステムのシミュレーションを使用して、量産向けまたは組み込み用の制御が実装された実コントローラのテストを実施します。(ここではターゲットコンピュータがプラントまたはシステムのシミュレータとして機能)

リアルタイムシミュレーションにおけるテストによって以下が可能となります:

  • ユーザのハードウェアを用いた制御系設計の動作検証と調整
  • 柔軟かつ拡張可能なプラットフォームを用いた、継続的な探索と新しいアイディアのテスト
  • 実プラントまたは実システムによらない制御系ハードウェアのテスト
  • コストや技術面から、量産のハードウェアでは実施が困難なシナリオによるハードウェア動作検証
  • 費用対効果に見合ったエラー早期検出により、多大な設計不具合が回避
  • 対象のコンピュータハードウェアの詳細については、Simulink Real-Time™, Speedgoat Target Hardware そして Simulink Desktop Real-Time™をご参照ください。

参考: Simulink Real-Time, 組み込み制御システム用ラピッドプロトタイピング, 組み込みシステム用HILシミュレーション, リアルタイムテストに関するビデオ