Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

スパース状態空間モデル

スパース データをもつ大規模な状態空間モデル

スパース データをもつ大規模な状態空間モデルを MATLAB® および Simulink® で効率的に表現し、組み合わせて、解析します。大規模モデルの密なモデル表現は計算量が多く、実行時間が非常に長くなる可能性があるため、スパース表現を使用するのが理想的かつ効率的です。詳細については、スパース行列の計算上の利点を参照してください。

使用可能な機能で、以下を実行できます。

  • スパース モデルを使用して時間領域および周波数領域の応答解析を実行する

  • スパース モデル間および他の LTI モデルとの間に信号ベースの接続を指定する

  • スパース モデルのコンポーネント間に物理結合を指定する

  • 連続時間表現と離散時間表現の間でスパース モデルを変換する

  • Simulink モデルに Descriptor State-Space (Simulink) または Sparse Second Order ブロックがある場合、スパース モデルに線形化する

スパース モデルおよび使用可能な機能の詳細については、スパース モデルの基礎を参照してください。

関数

すべて展開する

sparssスパース 1 次状態空間モデル
mechssスパース 2 次状態空間モデル
getx0初期条件を mechss オブジェクトから sparss オブジェクトにマッピング
fullスパース モデルを密度の高いストレージに変換する
imp2exp暗黙的な線形関係を明示的な入出力関係に変換します。
invモデルの反転
getDelayModel内部遅延の状態空間表現
sparssdata1 次スパース状態空間モデル データにアクセスする
mechssdata2 次スパース状態空間モデル データにアクセスする
showStateInfo状態区分情報
spy (sparss)sparss モデル オブジェクトのスパース パターンを可視化する
spy (mechss)mechss モデル オブジェクトのスパース パターンを可視化する
step動的システムのステップ応答プロット、ステップ応答データ
impulse動的システムのインパルス応答プロット、インパルス応答データ
initial状態空間モデルの初期条件応答
lsim動的システムの任意の入力へのシミュレーションされた時間応答をプロットする。シミュレーションされた応答データ
bode周波数応答、またはゲインと位相データのボード線図
nyquist周波数応答のナイキスト線図
nichols周波数応答のニコルス線図
sigma動的システムの特異値プロット
passiveplot受動性インデックスの周波数の関数としての計算またはプロット
dcgainLTI システムの低周波数 (DC) ゲイン
evalfr与えられた周波数における周波数応答の評価
freqrespグリッド上の周波数応答
interfacemechss モデルのコンポーネント間の物理接続の指定
xsort状態区分に基づいて状態を並べ替える
feedback複数のモデルのフィードバック接続
parallel2 つのモデルの並列接続
append入力と出力を追加して、モデルをグループ化する
connect動的システムのブロック線図相互接続
lft2 つのモデルの一般化されたフィードバック相互接続 (Redheffer スター積)
series2 つのモデルの直列接続

ブロック

Descriptor State-Space陰的な線形システムをモデル化
Sparse Second Orderスパース 2 次モデルを Simulink で表す

トピック

スパース モデルの基礎

スパース モデルは大規模なスパース行列から構成される状態空間システムを表します。

注目の例