Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

spy

mechss モデル オブジェクトのスパース パターンを可視化する

    説明

    spy(sys) は、mechss モデル sys のスパース パターンをプロットします。プロットには、sys の各スパース行列に含まれる非ゼロ要素の数が表示されます。プロットを右クリックして、表示する行列を選択します。

    spy(AX,sys) は、ハンドル AX をもつ現在の Figure の Axes または UIAxes オブジェクトにスパース パターンをプロットします。App Designer で spy を使用してアプリを作成する場合にこの構文を使用します。

    すべて折りたたむ

    この例では、ファイル sparseBeam.mat で先端に衝撃点荷重が適用される 3 次元ビーム モデルのスパース行列を考えてみます。

    sparseBeam.mat からスパース行列を抽出します。

    load('sparseBeam.mat','M','K','B','F','G','D');

    減衰がないため、行列 C[] を指定して mechss モデル オブジェクトを作成します。

    sys = mechss(M,[],K,B,F,G,D)
    Sparse continuous-time second-order model with 3 outputs, 1 inputs, and 3408 nodes.
    
    Use "spy" and "showStateInfo" to inspect model structure. 
    Type "properties('mechss')" for a list of model properties. 
    Type "help mechssOptions" for available solver options for this model.
    

    出力 sys は、3408 個のノード、1 つの入力、および 3 つの出力をもつスパースモデルの 3 行 1 列の配列を含む mechss モデル オブジェクトです。

    spy コマンドを使用して、mechss モデル オブジェクトのスパース性を可視化できます。

    spy(sys)

    Figure contains an axes. The axes with title nnz: M=71076, K=212802, B=1, F=3, G=973. contains 9 objects of type line. These objects represent K, B, F, D.

    この例では、ファイル discreteSOSparse.mat の離散システムのスパース行列について考えてみます。

    discreteSOSparse.mat からスパース行列を読み込みます。

    load('discreteSOSparse.mat','M','C','K','B','F','G','D','ts');

    サンプル時間 ts を指定して離散時間 mechss モデル オブジェクトを作成します。

    sys = mechss(M,C,K,B,F,G,D,ts)
    Sparse discrete-time second-order model with 1 outputs, 1 inputs, and 28408 nodes.
    
    Use "spy" and "showStateInfo" to inspect model structure. 
    Type "properties('mechss')" for a list of model properties. 
    Type "help mechssOptions" for available solver options for this model.
    

    出力 sys は、28408 個のノード、1 つの入力および 1 つの出力をもつ離散時間 mechss モデル オブジェクトです。

    spy コマンドを使用して、mechss モデル オブジェクトのスパース パターンを可視化できます。プロットを右クリックして、表示する行列を選択します。

    spy(sys)

    Figure contains an axes. The axes with title nnz: C=524538, K=1750850, B=28408, F=71, D=1. contains 9 objects of type line. These objects represent K, B, F, D.

    入力引数

    すべて折りたたむ

    1 次スパース モデル。mechss モデル オブジェクトとして指定します。相互作用または相互接続するコンポーネントがスパース モデル sys に含まれる場合は、spy(xsort(sys)) を使用して基になっているブロック矢印構造を表示します。ブロック矢印構造の詳細については、xsort 参照してください。

    オブジェクト ハンドル。Axes オブジェクトまたは UIAxes オブジェクトとして指定します。App Designer で spy を使用してアプリを作成するために AX を使用します。

    参考

    |

    R2020b で導入