ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

変換

フーリエ、チャープ Z、DCT、ヒルベルト、ケプストラム、ウォルシュ・アダマール

Signal Processing Toolbox™ には、高速フーリエ変換 (FFT)、離散コサイン変換 (DCT)、ウォルシュ・アダマール変換など、広く使用されている順変換および逆変換を計算するための関数が用意されています。信号包絡線を抽出して、解析信号を使用して瞬時周波数を推定します。時間-周波数領域内の信号を解析します。振幅と位相の関係を調べ、基本周波数を推定して、ケプストラムを使用してスペクトルの周期性を検出します。2 次 Goertzel アルゴリズムを使用して、離散フーリエ変換を計算します。

関数

すべて展開する

abs絶対値と複素数の大きさ
angle位相角
fft高速フーリエ変換
ifft逆フーリエ高速変換
fftshiftゼロ周波数成分をスペクトルの中心に移動
dftmtx離散フーリエ変換行列
fft22 次元の高速フーリエ変換
ifft22 次元逆高速フーリエ変換
instfreq瞬時周波数の推定
cztチャープ Z 変換
goertzel2 次 Goertzel アルゴリズムを使用した離散フーリエ変換
dct離散コサイン変換
idct逆離散コサイン変換
envelope信号の包絡線
fwht高速ウォルシュ・アダマール変換
ifwht逆高速ウォルシュ・アダマール変換
hilbertヒルベルト変換を使用した離散時間解析信号
emd経験的モード分解
fsstフーリエ シンクロスクイーズド変換
ifsst逆フーリエ シンクロスクイーズド変換
hhtヒルベルト・ファン変換
kurtogramスペクトル尖度の可視化
pspectrum周波数領域および時間-周波数領域内の信号の解析
spectrogram短時間フーリエ変換を使用したスペクトログラム
xspectrogram短時間フーリエ変換を使用したクロス スペクトログラム
stft短時間フーリエ変換
istft逆短時間フーリエ変換
wvdWigner-Ville 分布と平滑化疑似 Wigner-Ville 分布
xwvd交差 Wigner-Ville 分布と交差平滑化疑似 Wigner-Ville 分布
cceps複素ケプストラム解析
icceps逆複素ケプストラム
rceps実数ケプストラムと最小位相復元
bitrevorderデータのビット反転順への並べ替え
digitrevorder入力を桁反転した順序に変更

トピック

離散フーリエ変換とコサイン変換

離散フーリエ変換

デジタル信号処理の基本となるツールを調査します。

チャープ Z 変換

CZT を使用して、単位円の外側の Z 変換を評価し、素数の長さの変換を計算します。

離散コサイン変換

離散コサイン変換を計算し、それらのエネルギー集中特性について学習します。

音声信号圧縮のための DCT

離散コサイン変換を使用して、音声信号を圧縮します。

ヒルベルト変換とウォルシュ・アダマール変換

ヒルベルト変換

ヒルベルト変換は、解析信号の形成に役立ちます。

余弦波の解析信号

余弦波の解析信号を求め、そのプロパティを検証します。

包絡線抽出

関数 hilbert および envelope を使用する信号の包絡線を抽出します。

解析信号とヒルベルト変換

関数 hilbert と FIR ヒルベルト変換器を使用して、有限データ ブロックの解析信号を生成します。

ヒルベルト変換および瞬時周波数

ヒルベルト変換を使用して、単一成分の信号の瞬時周波数を推定します。多成分信号では機能しない手続きを示します。

単側波帯振幅変調

ヒルベルト変換を使用して、信号の単側波帯振幅変調を実行します。単側波帯 AM 信号の帯域幅は、通常の AM 信号の帯域幅より狭くなります。

ウォルシュ・アダマール変換

非正弦関数による直交変換手法であるウォルシュ・アダマール変換について学習します。

ECG 信号のスペクトル解析および圧縮のためのウォルシュ・アダマール変換

心電図信号を使用してウォルシュ・アダマール変換を説明します。

ケプストラム解析

複素ケプストラム — 基本周波数推定

複素ケプストラムを使用して話者の基本周波数を推定します。ゼロクロッシング法で取得した推定と結果を比較します。

ケプストラム解析

複素ケプストラムを信号のエコー検出に適用します。

注目の例