Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

変換

フーリエ、チャープ Z、DCT、ヒルベルト、ケプストラム、ウォルシュ・アダマール

Signal Processing Toolbox™ には、高速フーリエ変換 (FFT)、離散コサイン変換 (DCT)、ウォルシュ・アダマール変換など、広く使用されている順変換および逆変換を計算するための関数が用意されています。信号包絡線を抽出して、解析信号を使用して瞬時周波数を推定します。時間-周波数領域内の信号を解析します。振幅と位相の関係を調べ、基本周波数を推定して、ケプストラムを使用してスペクトルの周期性を検出します。2 次 Goertzel アルゴリズムを使用して、離散フーリエ変換を計算します。

関数

すべて展開する

abs絶対値と複素数の大きさ
angle位相角
fft高速フーリエ変換
ifft逆フーリエ高速変換
fftshiftゼロ周波数成分をスペクトルの中心に移動
ifftshift逆ゼロ周波数シフト
dftmtx離散フーリエ変換行列
fft22 次元の高速フーリエ変換
ifft22 次元逆高速フーリエ変換
instfreq瞬時周波数の推定
cztチャープ Z 変換
goertzel2 次 Goertzel アルゴリズムを使用した離散フーリエ変換
dct離散コサイン変換
idct逆離散コサイン変換
envelope信号の包絡線
fwht高速ウォルシュ・アダマール変換
ifwht逆高速ウォルシュ・アダマール変換
hilbertヒルベルト変換を使用した離散時間解析信号
emd経験的モード分解
fsstフーリエ シンクロスクイーズド変換
ifsst逆フーリエ シンクロスクイーズド変換
hhtヒルベルト・ファン変換
pspectrum周波数領域および時間-周波数領域内の信号の解析
spectrogram短時間フーリエ変換を使用したスペクトログラム
xspectrogram短時間フーリエ変換を使用したクロス スペクトログラム
stft短時間フーリエ変換
dlstftDeep learning short-time Fourier transform
stftLayerShort-time Fourier transform layer
stftmag2sigSTFT 振幅からの信号の再構成
istft逆短時間フーリエ変換
vmd変分的モード分解
wvdWigner-Ville 分布と平滑化疑似 Wigner-Ville 分布
xwvd交差 Wigner-Ville 分布と交差平滑化疑似 Wigner-Ville 分布
cceps複素ケプストラム解析
icceps逆複素ケプストラム
rceps実数ケプストラムと最小位相復元
bitrevorderデータのビット反転順への並べ替え
digitrevorder入力を桁反転した順序に変更

トピック

離散フーリエ変換とコサイン変換

ヒルベルト変換とウォルシュ・アダマール変換

ケプストラム解析