ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

icceps

逆複素ケプストラム

構文

x = icceps(xhat,nd)

説明

メモ:

icceps は、実データに対してのみ使用できます。

x = icceps(xhat,nd) では、遅延の nd サンプルが除去され、実データ シーケンス xhat の逆複素ケプストラムが返されます。xhatcceps(x) を使用して得られたものの場合、x に付加されている遅延の量は、π ラジアンに対応する round(unwrap(angle(fft(x)))/pi) の要素です。

参考文献

[1] Oppenheim, A.V., and R.W. Schafer, Discrete-Time Signal Processing, Prentice-Hall, 1989.

R2006a より前に導入