ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

C MEX ファイル アプリケーション

mxArray を使用して MATLAB® と連携して動作する C/C++ プログラムを記述

メモ

C MEX API 内の関数は、C 行列 APIで定義される MATLAB mxArray データ型と連携して動作します。最新の C++ 機能を使用してアプリケーションを作成するには、C++ MEX アプリケーションを参照してください。

MATLAB コマンド ラインからユーザー独自の C または C++ プログラムを組み込み関数のように呼び出すことができます。これらのプログラムは MEX ファイルと呼ばれ、関数名は MEX ファイル名です。

MEX ファイルを作成するには、MATLAB API を使用してプログラムを記述します。これらのライブラリの関数は MEX ファイルとワークスペース間でのデータの転送に使用します。C 行列 API または MATLAB データ API のいずれかを選択してください。これらの API の関数は組み合わせて使用できません。

関数 mex を使用してソース ファイルから実行可能プログラムをビルドします。また、MEX ファイルは他の MATLAB ユーザーと共有できます。

C/C++ プログラムから MATLAB 関数を呼び出す場合、いずれかのエンジン API を使用します。

C/C++ プログラムから MATLAB のデータの読み取りおよび書き込みを行うには、MATLAB C API での MAT ファイル データの読み取りを使用します。