Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

既定のコンパイラの変更

gcc/g++ コンパイラを Linux® プラットフォームでサポートされているバージョンに変更する方法の詳細については、Linux システムでの既定の gcc コンパイラの変更を参照してください。

Windows システム

MATLAB® は、C、C++、Fortran の言語ファイル用に独立した既定のコンパイラ オプションを維持します。Windows® システムにインストールされている言語に対して、MATLAB でサポートされるコンパイラが複数ある場合、MATLAB は 1 つを既定のコンパイラとして選択します。既定を変更するには、mex -setup lang コマンドを使用します。MATLAB は、異なる既定のコンパイラを選択するリンク付きのメッセージを表示します。

lang 引数なしで mex -setup を呼び出すと、MATLAB は既定の C コンパイラに関する情報を表示します。MATLAB はサポートされているその他の言語へのリンクも表示します。別の言語に既定を変更する場合は、リンクを選択します。

オペレーティング システム プロンプトから mex -setup を呼び出した場合も、MATLAB は同じ情報を表示します。ただし、表示されたメッセージにリンクは掲載されません。リンクの代わりに MATLAB には、既定のコンパイラを変更するための mex コマンド構文が表示されます。そのコマンドをコピーして、オペレーティング システム プロンプトに貼り付けます。

mex -setup を呼び出して異なる既定値を選択するまで、選択したコンパイラはその言語の既定のままになります。

C コンパイラ

既定の C コンパイラを変更するには、MATLAB コマンド プロンプトで以下を入力します。

mex -setup

mex -setup は既定で C コンパイラに関する情報に設定されます。または、以下を入力します。

mex -setup c

C++ コンパイラ

既定の C++ コンパイラを変更するには、以下を入力します。

mex -setup cpp

例については、C++ コンパイラの選択を参照してください。

Fortran コンパイラ

既定の Fortran コンパイラを変更するには、以下を入力します。

mex -setup Fortran

Mac システムで既定以外のコンパイラを使用

システムに Xcode のバージョンが複数インストールされている場合、MATLAB は Xcode.app アプリケーションで定義されたコンパイラを使用します。コンパイラは Xcode.X.app から使用できます。ここで、Xcode.X.app は以前インストールされた Xcode のバージョンの保存に使用された名前です。

MATLAB を起動する前に、ターミナルで次のように入力します。

xcode-select -switch /Applications/Xcode.X.app/Contents/Developer

MATLAB がどの Xcode を使用しているか確認するには、ターミナルで次のように入力します。

xcode-select -p

mex -f optionsfile 構文を使用しない

mex コマンドの -f オプションを使用したビルドの構成ファイルの指定は将来のリリースで削除される予定です。代わりに、このトピックで説明されているワークフローを使用してコンパイラを指定してください。

参考

関連するトピック

外部の Web サイト