Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

C++ コンパイラの選択

MATLAB® は、MEX ファイル、C++ ライブラリに対する MATLAB インターフェイス、スタンドアロンの MATLAB エンジンおよび MAT ファイル アプリケーションをビルドするための既定のコンパイラを選択します。C++ アプリケーション用の既定のコンパイラが、C アプリケーション用の既定のコンパイラとは異なる場合があります。既定の C++ コンパイラを表示するには、以下のコマンドのいずれかを入力します。

mex -setup cpp
mex -setup CPP
mex -setup c++

以下のコマンドを入力すると、MATLAB には既定の C コンパイラのみの情報が表示されます。

mex -setup

Microsoft Visual Studio コンパイラの選択

この例では、システムに複数のバージョンの Microsoft® Visual Studio® がある場合に、C++ アプリケーションをビルドするための既定のコンパイラを決定し、変更する方法を説明します。

システムにインストールされている C++ コンパイラの情報を表示するには、次を入力します。

mex -setup cpp

既定を変更するには、リンクのいずれかをクリックします。MATLAB にはこのコンパイラに関する情報が表示されます。このコンパイラは、mex -setup cpp を呼び出して異なる既定を選択するまで既定のままです。

MinGW -w64 コンパイラの選択

システムに MinGW® コンパイラのみがインストールされている場合、MATLAB は C および C++ の両方のアプリケーションについて自動的に MinGW を選択します。C または C++ のコンパイラが複数ある場合、C コンパイラを選択するには次のコマンドを入力します。

mex -setup

C++ コンパイラを選択するには、次のコマンドを入力します。

mex -setup cpp

mex -setup のみを入力して MinGW を選択すると、C++ ファイルのコンパイル時に mex が別のコンパイラを選択する可能性があります。

参考

|

関連するトピック