Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mexWarnMsgIdAndTxt (C および Fortran)

識別子を含む警告メッセージ

C 構文

#include "mex.h"
void mexWarnMsgIdAndTxt(const char *warningid,
  const char *warningmsg, ...);

Fortran 構文

#include "fintrf.h"
subroutine mexWarnMsgIdAndTxt(warningid, warningmsg)
character*(*) warningid, warningmsg

説明

関数 mexWarnMsgIdAndTxt は、警告メッセージを MATLAB® コマンド プロンプトに書き込みます。表示される警告は、MATLAB 関数 warning で発行される警告と同じです。表示または非表示にする情報を制御するには、MEX ファイルを呼び出す前に、目的の設定で関数 warning を呼び出します。

mexErrMsgIdAndTxt とは異なり、mexWarnMsgIdAndTxt を呼び出しても MEX ファイルは終了しません。

入力引数

すべて展開する

MATLAB メッセージ識別子を含む警告識別子。C では const char*、Fortran では character*(*) として指定します。識別子の作成方法の詳細については、MExceptionを参照してください。

表示する文字列。C では const char*、Fortran では character*(*) として指定します。C において、この関数は UTF-8 またはローカル コード ページ (LCP) のエンコードをサポートし、ANSI® C の関数 printf で使用される変換仕様を文字列に含めることができます。メッセージ テキストと変換引数の両方のエンコードは同じでなければなりません。

C では、メッセージ内で使用される任意の引数。各引数には対応する変換指示子がなければなりません。printf の変換表については、C のドキュメンテーションを参照してください。

R2006a より前に導入