ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mxArray (C)

MATLAB 配列の型

説明

MATLAB® データの基本となるデータ型。MATLAB がサポートする変数を MATLAB 配列が処理する方法の詳細については、MATLAB データを参照してください。

mxArray は C 言語の opaque タイプ (不透明型) です。

C MEX ファイルはすべて、mexFunction と呼ばれるゲートウェイ ルーチンで始まります。これは、入力および出力パラメーターの両方に mxArray を必要とします。C MEX ファイル ゲートウェイ ルーチンの詳細については、MEX ファイルのコンポーネントを参照してください。

MEX ファイルに MATLAB データを格納したら、C 行列 API の関数を使用してデータを操作し、C MEX API の関数を使用して MATLAB 環境で操作を実行します。mxArray を使用してデータをこれらの関数との間でやり取りします。

関数 mxCreate* のいずれかを使用してデータを作成し、対応する関数 mxDestroyArray を使用してメモリを解放します。

この型を含むヘッダー ファイルは以下のとおりです。

#include "matrix.h"

matlabroot/extern/examples/mx の次の例を参照してください。

ヒント

  • MATLAB 言語のスクリプトや関数に含まれるデータについての詳細は、データ型を参照してください。

  • 他の MathWorks 製品における mxArray エラーのトラブルシューティングは、該当製品のドキュメンテーションを検索するか、MATLAB Answers™ のトピック Subscripting into an mxArray is not supported を参照してください。

R2006a より前に導入