Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mxDestroyArray (C)

関数 MXCREATE* によって割り当てられた動的メモリを解放

C 構文

#include "matrix.h"
void mxDestroyArray(mxArray *pm);

説明

mxDestroyArray は、以下を含む指定された mxArray のメモリの割り当てを解除します。

  • mxArray の特性フィールド。サイズ (m および n) や型など

  • 関連付けられているデータ配列 (スパース配列の場合は irjc)

  • 構造体配列のフィールド

  • cell 配列のセル

次の mxArray では mxDestroyArray を呼び出さないでください。

  • MEX ファイルの左辺の引数で返された場合

  • 関数 mxGetField または関数 mxGetFieldByNumber で返された場合

  • 関数 mxGetCell で返された場合

入力引数

すべて展開する

解放する mxArray へのポインター。mxArray * として指定します。pmNULL ポインターの場合、関数は何も行いません。

matlabroot/extern/examples/refbook の次の例を参照してください。

matlabroot/extern/examples/mex の次の例を参照してください。

matlabroot/extern/examples/mx の次の例を参照してください。

R2006a より前に導入