ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MEX ファイルのビルド

この例では、サンプルの MEX ファイル timestwo をビルドする方法を説明します。この例を使用して、システムのビルド構成を検証します。

コード例をビルドするには、まずパス上にある書き込み可能なフォルダーにファイルをコピーします。

copyfile(fullfile(matlabroot,'extern','examples','refbook','timestwo.c'),'.','f')

mex コマンドを使用して MEX ファイルをビルドします。

mex timestwo.c
Building with 'Microsoft Visual C++ 2012 (C)'.
MEX completed successfully.

このコマンドはファイル timestwo.ext を作成します。ここで、ext は、関数 mexext によって返される値です。

関数 timestwo はスカラー入力を取り、それを倍にします。timestwo を MATLAB® 関数と同様に呼び出します。

timestwo(4)
ans =
     8

参考

|

関連するトピック