Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mexCallMATLABWithTrap (C および Fortran)

MATLAB 関数、ユーザー定義関数、または MEX ファイルの呼び出しと、エラー情報の取得

C 構文

#include "mex.h"
mxArray *mexCallMATLABWithTrap(int nlhs, mxArray *plhs[], int nrhs,
   mxArray *prhs[], const char *functionName);

Fortran 構文

#include "fintrf.h"
mwPointer mexCallMATLABWithTrap(nlhs, plhs, nrhs, prhs, functionName)
integer*4 nlhs, nrhs
mwPointer plhs(*), prhs(*)
character*(*) functionName

説明

関数 mexCallMATLABWithTrap は、mexCallMATLAB と同じ関数を実行します。ただし、functionName の実行中に MATLAB® がエラーを検出した場合、MATLAB は、MEX ファイル内で mexCallMATLABWithTrap の呼び出しの直後にある行に制御を戻します。

入力引数

すべて展開する

予期される出力 mxArrays の数。50 以下の整数として指定します。

mxArray 出力引数へのポインターの配列。

注意

mexCallMATLABplhs 引数は、mexFunctionplhs とは異なります。mexFunctionplhs に返された mxArray は破棄しないでください。

入力 mxArrays の数。50 以下の整数として指定します。

mxArray 入力引数へのポインターの配列。

呼び出し対象の MATLAB 組み込み関数、演算子、ユーザー定義関数または MEX 関数の名前。const char* として指定します。

functionName が演算子である場合は、'+' のようにこの演算子を一重引用符で囲みます。

出力引数

すべて展開する

エラーが発生しなかった場合は NULL。それ以外の場合、C では mxArray*、Fortran では mwPointer として指定された、クラス MException のポインターが返されます。MException の詳細については、例外への応答を参照してください。

R2008b で導入