Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

dbmex

UNIX プラットフォーム上で MEX ファイルのデバッグを有効にする

説明

dbmex state は、UNIX® プラットフォームで MEX ファイルのデバッグを有効または無効にするか、デバッガーのプロンプトに戻ります。

このオプションを使用するには、まず、matlab -Ddebugger と入力して、デバッガーから MATLAB® を起動します。ここで、debugger は、デバッガー プログラムの名前です。MEX ファイルを既に読み込んでいる場合は、関数 clear を使用してメモリから削除します。次に、dbmex on を呼び出してから、MEX ファイルを呼び出します。

gdb を使用した yprime.c のデバッグ

GNU® デバッガー gdb を使用して MEX ファイル yprime.c をデバッグする手順については、Linux プラットフォームでのデバッグを参照してください。

入力引数

すべて折りたたむ

デバッグ制御インジケーター。'on''off' または 'stop' として指定します。'on' または 'off' を使用すると、MEX ファイルのデバッグが有効または無効になります。'stop' を使用するとデバッガーのプロンプトに戻ります。

R2006a より前に導入