ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

デバッグと解析

問題の診断、構文の確認、およびリリースの互換性

エディターでの作業に際して、MATLAB® はコードの潜在的な問題を自動的に特定します。デバッグ機能は特定の問題の診断に役立ちます。また、新しい MATLAB リリースへのアップグレードに際しコードの更新に役立つレポートを生成することができます。

関数

すべて展開する

dbclearブレークポイントを削除
dbcont実行を再開
dbdowndbup のワークスペース シフトを反転する
dbquitデバッグ モードの終了
dbstack関数呼び出しスタック
dbstatusすべてのブレークポイントをリスト
dbstep現在のブレークポイントから次の実行可能な行を実行
dbstopデバッグ用にブレークポイントを設定する
dbtype行番号付きでファイルを表示
dbupデバッグ モードで現在のワークスペースを呼び出し元のワークスペースにシフト
keyboardキーボードによる制御を有効にする
echo関数の実行中にステートメントを表示
checkcodeMATLAB のコード ファイルの潜在的な問題のチェック
mlintrptファイルまたはフォルダーに対して checkcode を実行
codeCompatibilityReportコードの互換性レポートの作成
analyzeCodeCompatibilityコード互換性解析の結果の作成

トピック

デバッグ

MATLAB プログラムのデバッグ

MATLAB プログラムをグラフィカルにデバッグするには、エディター/デバッガーを使用します。代わりに、コマンド ウィンドウでデバッグ関数を使用することもできます。

ファイルへのリマインダーの追加

ファイルに注釈を付けることにより、後で改善、完成、更新するときに、コードの注釈の箇所を簡単に検索できるようになります。

エディター/デバッガーの設定

エディターとデバッガーの設定を使用したエディターのカスタマイズ

構文確認

入力時の構文チェック

MATLAB 要素を識別しやすくするために、コマンド ウィンドウとエディターで一部の項目が別の色で表示されます。これは、"構文の強調" と呼ばれています。

エラーと警告についてのコードのチェック

MATLAB コード アナライザーを使用して、コードの問題がないかコードをチェックします。

MATLAB コード アナライザー レポート

コード内の潜在的なエラー、問題および改善の可能性を特定するレポートを生成します。

コード アナライザーの設定

コード アナライザーの設定で、コード アナライザー機能の有効/無効の設定と、メッセージ インジケーターの設定を行います。

リリースの互換性

MATLAB コードの互換性レポート

新しい MATLAB リリースへのアップグレード時に既存のコードの潜在的な互換性の問題を特定するレポートを生成します。