Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mexEvalString (C)

呼び出し側ワークスペース内での MATLAB コマンドの実行

C 構文

#include "mex.h"
int mexEvalString(const char *command);

説明

メモ

最新の C++ の機能とMATLAB データ APIを使用して MEX 関数を作成するには、C++ MEX アプリケーションを参照してください。

mexEvalString を呼び出して、呼び出し元のワークスペースで MATLAB® command を呼び出します。

mexEvalStringmexCallMATLAB は、どちらも MATLAB コマンドを実行します。結果 (左辺引数) を MEX 関数に返すには、mexCallMATLAB を使用します。関数 mexEvalString は、MEX 関数に値を返しません。

command 文字列内の等号の右側に表示される引数はすべて、呼び出し側のワークスペースの現在の変数でなければなりません。変数名には MATLAB 関数名を使用しないでください。関数名と競合する一般的な変数名には、ijmodecharsizepath などがあります。特定の名前が MATLAB 関数と関連しているかどうかを判断するには、関数 which を使用します。詳細は、変数名を参照してください。

入力引数

すべて展開する

実行する MATLAB コマンドの名前。const char* として指定します。この関数は UTF-8 文字をサポートします。

出力引数

すべて展開する

関数は、成功した場合は 0、エラーが発生した場合は 1 を返します。

エラー処理

command がエラーを検出した場合、MATLAB は制御を MEX 関数に戻し、mexEvalString1 を返します。エラーをトラップするには、関数 mexEvalStringWithTrap を使用します。

matlabroot/extern/examples/mex の次の例を参照してください。

R2006a より前に導入