ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB C API での MAT ファイル データの読み取り

C/C++ プログラムからの MATLAB® のデータの読み取りおよび書き込み。

MATLAB によるアプリケーション全体のプログラミングや他の MATLAB ユーザーとのデータ共有はこれらの MATLAB の手順に従い実施します。

しかし、データ操作を目的としたカスタム プログラムの作成が必要となる場合があります。以下に例を示します。

  • データにカスタム形式が含まれている。

  • MATLAB を操作しないユーザー向けにアプリケーションを作成し、MATLAB データを提供する。

  • 外部アプリケーションからデータを読み取りたいが、ソース コードにアクセスできない。

C MAT ファイル API

matOpenMAT ファイルを開く
matCloseMAT ファイルを閉じる
MATFileMAT ファイルの型
matGetVariableMAT ファイルからの配列
matGetVariableInfo配列ヘッダー情報のみ
matGetNextVariableMAT ファイル内の次の配列
matGetNextVariableInfo配列ヘッダー情報のみ
matPutVariableMAT ファイルへの配列
matPutVariableAsGlobalグローバル ワークスペースから発生した MAT ファイルの配列
matDeleteVariableMAT ファイルからの配列の削除
matGetDirMAT ファイル内の変数のリスト
matGetFpMAT ファイルへのファイル ポインター
mxIsFromGlobalWS配列が MATLAB グローバル ワークスペースからコピーされたかどうかを判別
matGetErrnoMAT ファイル API のエラー コード

トピック

MAT ファイルのソース コード ファイル一覧表

matlabroot/extern/examples/eng_mat フォルダーには、MAT ファイル ルーチンの使用方法を示す C/C++ および Fortran のソース コード例が含まれています。

MAT ファイルにアクセスするカスタム アプリケーション

MATLAB データのインポートおよびエクスポート手法およびそれを可能にする MAT ファイル ルーチン

MAT ファイル アプリケーションの共有

MATLAB では、MAT ファイル アプリケーションの作成に共有ライブラリ ファイルが必要です。

関連情報