Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MAT ファイル アプリケーションの共有

MATLAB® では、MAT ファイル アプリケーションの作成に共有ライブラリ ファイルが必要です。またこれらのファイルのランタイム バージョンも、他のシステムに展開する MAT ファイル アプリケーションと共に配布しなければなりません。これらのライブラリは matlabroot/bin/arch フォルダーにあります。

オペレーティング システム別のライブラリ ファイル名

Windows®Linux®Mac
libmat.dlllibmat.solibmat.dylib
libmx.dlllibmx.solibmx.dylib

ビルド コマンドで他のランタイム ライブラリを指定する場合は、これらのライブラリがエンド ユーザーのコンピューターに存在しなければなりません。これらのライブラリ ファイルは、libmx ライブラリと同じフォルダー内になければなりません。以下の表に記したプラットフォーム別のコマンドを使用して、これらのライブラリを特定できます。

ライブラリ依存のコマンド

WindowsLinuxmacOS

Dependency Walker についての以下の指示を参照

ldd -d libmat.sootool -L libmat.dylib

Windows システムでのライブラリ依存関係を検出するには、サードパーティ製品の Dependency Walker を使用します。この無料のユーティリティは、Windows モジュールをスキャンして、すべての依存モジュールの階層ツリー ダイアグラムを作成します。検出されたモジュールごとに、そのモジュールによってエクスポートされるすべての関数と、それらの関数のうち他のモジュールによって呼び出されるものがリストされます。Dependency Walker の使用の詳細については、How do I determine which libraries my MEX-file or stand-alone application requires? を参照してください。

libmat.dll ファイルを [Depends] ウィンドウにドラッグ アンド ドロップします。依存ライブラリを特定し、IDE 構成に追加します。