Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matGetVariable (C および Fortran)

MAT ファイルからの配列

C 構文

#include "mat.h"
mxArray *matGetVariable(MATFile *mfp, const char *name);

Fortran 構文

#include "mat.h"
mwPointer matGetVariable(mfp, name)
mwPointer mfp
character*(*) name

引数

mfp

MAT ファイル情報へのポインター

name

MAT ファイルから取得する mxArray の名前

戻り値

mfp が指し示す MAT ファイルからの name の名前をもつ mxArray を表す、新たに割り当てられた mxArray 構造体へのポインター。

name の名前をもつ mxArray を返すことができなかった場合、matGetVariable は、C では NULL (Fortran では 0) を返します。

説明

このルーチンを使用すると、MAT ファイルから mxArray をコピーできます。

このルーチンによって作成された mxArray が不要になったときは、mxDestroyArray を使用して破棄します。

matlabroot/extern/examples/eng_mat の次の例を参照してください。

R2006a より前に導入