ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB Fortran API での MAT ファイル データの読み取り

Fortran プログラムからの MATLAB® データの読み取りと書き込み

カスタム アプリケーションを作成する前に、以下のトピックを参照して、MATLAB がデータ交換のニーズを満たしているかどうかを調べます。

Fortran MAT ファイル API

matOpenMAT ファイルを開く
matCloseMAT ファイルを閉じる
MATFileMAT ファイルの型
matGetVariableMAT ファイルからの配列
matGetVariableInfo配列ヘッダー情報のみ
matGetNextVariableMAT ファイル内の次の配列
matGetNextVariableInfo配列ヘッダー情報のみ
matPutVariableMAT ファイルへの配列
matPutVariableAsGlobalグローバル ワークスペースから発生した MAT ファイルの配列
matDeleteVariableMAT ファイルからの配列の削除
matGetDirMAT ファイル内の変数のリスト
mxIsFromGlobalWS配列が MATLAB グローバル ワークスペースからコピーされたかどうかを判別

トピック

MAT ファイルの作成 (Fortran)

matdemo1.F の例では MAT ファイル matdemo.mat を作成します。

MAT ファイルの読み取り (Fortran)

matdemo2.F の例では、ライブラリ ルーチンを使用した、matdemo1.F で作成された MAT ファイルの読み取り方法とその内容の記述方法を示します。