Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matOpen (C および Fortran)

MAT ファイルを開く

C 構文

#include "mat.h"
MATFile *matOpen(const char *filename, const char *mode);

Fortran 構文

#include "mat.h"
mwPointer matOpen(filename, mode)
character*(*) filename, mode

引数

filename

開くファイルの名前

mode

ファイルを開くモード。次の表に、mode の有効な値を示します。

r

読み取り専用でファイルを開きます。ファイルを検証して MAT ファイルの現在のバージョンを判断し、現在のバージョンを保持します。

u

読み取りと書き込みの両方の更新用にファイルを開きます。ファイルが存在しない場合、ファイルは作成されません (fopenr+ モードと同等)。ファイルを検証して MAT ファイルの現在のバージョンを判断し、現在のバージョンを保持します。

w

ファイルを書き込み専用で開きます。以前の内容が存在する場合は削除されます。

w4

MATLAB® Versions 4 以前のソフトウェアと互換性のある MAT ファイルを作成します。

w6

MATLAB Version 5 (R8) 以前のソフトウェアと互換性がある MAT ファイルを作成します。wL モードと等価です。

wL

システムの既定の文字セットを使用して文字データを書き込むためにファイルを開きます。結果の MAT ファイルを読み取るには MATLAB Version 6 または 6.5 ソフトウェアを使用します。

wL モード スイッチを使用しない場合、MATLAB は既定の設定では Unicode® 文字エンコードを使用して MAT ファイルに文字データを書き込みます。

w6 モードと等価です。

w7

MATLAB Version 7.0 (R14) 以前のソフトウェアと互換性がある MAT ファイルを作成します。wz モードと等価です。

wz

圧縮データを書き込むためにファイルを開きます。既定では、MATLAB 関数 save はワークスペース変数を MAT ファイルに保存する際に圧縮します。関数 matOpen で MAT ファイルを作成するときと同じ圧縮率を使用するには、wz オプションを使用します。

w7 モードと等価です。

w7.3

2 GB を超えるオブジェクトを格納できる HDF5 ベース形式で MAT ファイルを作成します。

戻り値

ファイル ハンドル、またはファイルを開けなかった場合は C では NULL (Fortran では 0)。

説明

このルーチンは、読み取りおよび書き込み用に MAT ファイルを開きます。

matlabroot/extern/examples/eng_mat の次の例を参照してください。

参考

matClosesave

R2006a より前に導入