Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

macOS オペレーティング システムと Linux オペレーティング システム上でのビルド

ランタイム ライブラリ パスの設定

実行時に環境変数を設定して、macOS オペレーティング システムおよび Linux® オペレーティング システムに対し、API 共有ライブラリが置かれている場所を指定しなければなりません。使用する macOS コマンドまたは Linux コマンド、および指定する値は、シェルおよびシステム アーキテクチャによって異なります。次の表は、環境変数の名前 (envvar) とそれに代入する値 (pathspec) の一覧です。matlabroot は、MATLAB® がインストールされているルート フォルダーを示しています。

オペレーティング システムenvvarpathspec

64 ビット版 Apple Mac

DYLD_LIBRARY_PATH

matlabroot/bin/maci64:matlabroot/sys/os/maci64

64 ビット版 Linux

LD_LIBRARY_PATH

matlabroot/bin/glnxa64:matlabroot/sys/os/glnxa64

C シェルの使用

次のコマンドを使用してライブラリ パスを設定します。

setenv envvar pathspec

envvar および pathspec を表の対応する値に置き換えてください。たとえば、macOS システムでは以下を使用します。

setenv DYLD_LIBRARY_PATH
matlabroot/bin/maci64:matlabroot/sys/os/maci64

これらのコマンドを ~/.cshrc などのスタートアップ スクリプトに入れることができます。

Bourne シェルの使用

次のコマンドを使用してライブラリ パスを設定します。

envvar = pathspec:envvar
export envvar

envvar および pathspec を表の対応する値に置き換えてください。たとえば、macOS システムでは以下を使用します。

DYLD_LIBRARY_PATH=matlabroot/bin/maci64:matlabroot/sys/os/maci64:$DYLD_LIBRARY_PATH
export DYLD_LIBRARY_PATH 

これらのコマンドを ~/.profile などのスタートアップ スクリプトに入れることができます。

詳細については、Append library path to "DYLD_LIBRARY_PATH" in MAC を参照してください。

アプリケーションのビルド

MAT ファイル プログラムをコンパイルしてリンクするには、-client engine オプションを指定して mex スクリプトを使用します。

この例では、matcreat.c の例をビルドする方法を説明します。この例を使用して、システムのビルド構成を検証します。matcreat は、MAT ファイル API ルーチンを使用して MATLAB に読み込むことができる MAT ファイルを作成する方法を示す C プログラムです。

この例をビルドするには、まずパス上にある書き込み可能なフォルダーにソース コードをコピーします。

copyfile(fullfile(matlabroot,'extern','examples','eng_mat','matcreat.c'),'.','f')

次のコマンドを使用してビルドします。

mex -client engine matcreat.c

特定のコンパイラのビルド指示を変更するには、-v -n オプションを使用して、現在のコンパイラとリンカーの設定を表示します。その後、mex varname=varvalue オプションを使用して設定を変更します。

参考

関連するトピック