ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ワークスペース変数の保存と読み込み

ワークスペースは、複数の MATLAB® セッション間で保持されません。MATLAB を終了すると、ワークスペースは消去されます。ただし、現在のワークスペースにある任意またはすべての変数を MAT ファイル (.mat) に保存できます。現在の MATLAB セッション中または別のセッション中に、保存された MAT ファイルを読み込んで後からワークスペース変数を再利用できます。

ワークスペース変数の保存

ワークスペース変数を対話形式で保存するには、いくつかの方法があります。

  • すべてのワークスペース変数を MAT ファイルに保存するには、[ホーム] タブの [変数] セクションで、[ワークスペースの保存] をクリックします。

  • ワークスペース変数のサブセットを MAT ファイルに保存するには、ワークスペース ブラウザーで変数を選択し、右クリックして [名前を付けて保存] を選択します。選択した変数をワークスペース ブラウザーから現在のフォルダー ブラウザーにドラッグすることもできます。

  • 変数を MATLAB スクリプトに保存するには、[ワークスペースの保存] ボタンをクリックするか、[名前を付けて保存] オプションを選択し、[名前を付けて保存] ウィンドウで、[ファイルの種類] オプションを [MATLAB スクリプト] に設定します。スクリプトに保存できない変数は、そのスクリプトと同じ名前の MAT ファイルに保存されます。

また、関数 save を使用してワークスペース変数をプログラムにより保存することもできます。たとえば、現在のワークスペース変数をすべてファイル june10.mat に保存するには、次のコマンドを使用ます。

save('june10')
変数 A および B のみをファイル june10.mat に保存するには、次のコマンドを使用します。

save('june10','A','B')

スカラー構造体のフィールドを個々の変数として保存するには、関数 save-struct オプションと共に使用します。これは、以前に構文 S = load(filename) を使用して変数を MAT ファイルから構造体に読み込んでいて、元の変数構造体を維持したまま新しい MAT ファイルに保存するときに便利です。

変数の一部を保存するには、関数 matfile を使用します。これは、大きすぎてメモリに収まらない非常に大きなデータセットを使用している場合に役に立ちます。詳細については、MAT ファイルへの変数の一部の読み込みと保存を参照してください。

MATLAB Online では、変数はセッション間で維持されます。保存を行うと、ワークスペースをクリアして、変数を後で読み込むことができるようになります。変数を保存するには、関数 save または matfile を使用します。

ワークスペース変数の読み込み

MAT ファイルからワークスペースに保存済み変数を読み込むには、現在のフォルダー ブラウザーで MAT ファイルをダブルクリックします。

[ホーム] タブで MAT ファイルから変数のサブセットを読み込むには、[変数] セクションで、[データのインポート] をクリックします。読み込む MAT ファイルを選択し、[開く] をクリックします。また、選択した MAT ファイルの現在のフォルダー ブラウザーの [詳細] パネルからワークスペース ブラウザーに必要な変数をドラッグすることもできます。

MATLAB スクリプトに保存されている変数をワークスペースに読み込むには、スクリプトを実行するだけです。

また、保存した変数をプログラムで読み込み、関数 load を使用することもできます。たとえば、ファイル durer.mat からすべての変数を読み込むには、次のように指定します。

load('durer')
ファイル durer.mat から変数 X および map を読み込むには、以下を実行します。

load('durer','X','map')

変数の一部を読み込むには、関数 matfile を使用します。これをしない限り、大きすぎてメモリに収まらなくなる、非常に大きいデータセットを使用する場合に便利です。詳細については、MAT ファイルへの変数の一部の読み込みと保存を参照してください。

注意

MATLAB ワークスペースにデータを読み込むと、新たに作成する変数により、ワークスペースにある同名の既存の変数はすべて上書きされます。既存の変数が上書きされないようにするには、関数 load を使用して変数を構造体に読み込みます。たとえば、S = load('durer') はファイル durer.mat からのすべての変数を構造体 S に読み込みます。

MAT ファイルの内容の表示

MAT ファイルをワークスペースに読み込む前にファイル内の変数を確認するには、現在のフォルダー ブラウザーでファイル名をクリックします。変数の情報が [詳細] ペインに表示されます。

あるいは、whos -file filename コマンドを使用します。この関数により、指定した MAT ファイルに含まれるすべての変数の名前、次元、サイズ、およびクラスが返されます。たとえば、例のファイル durer.mat の内容を表示できます。

whos -file durer.mat
 Name           Size               Bytes  Class     Attributes

  X            648x509            2638656  double              
  caption        2x28                 112  char                
  map          128x3                 3072  double              

ここでのバイト数は、MATLAB ワークスペースに読み込まれたときにデータがメモリで占めるバイト数を表します。圧縮、データ エンコード、メタデータが原因で、ファイル内で変数が占める領域はメモリ内でのサイズと異なる場合があります。MATLAB では、Version 7 以降の MAT ファイルでデータが圧縮されます。詳細については、MAT ファイルのバージョンを参照してください。

参考

|

関連するトピック