ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ワークスペース変数と MAT ファイル

MATLAB® ワークスペースのデータの管理

ワークスペースは、MATLAB で作成した変数、またはデータ ファイルや他のプログラムからインポートした変数を格納します。ワークスペースの内容は、ワークスペース ブラウザーまたはコマンド ウィンドウで表示および編集できます。詳細については、変数の作成と編集を参照してください。

ワークスペース変数は MATLAB の終了後は保持されません。複数のセッション間でデータを使用するには、MAT ファイルと呼ばれる .mat 拡張子の圧縮ファイルに保存します。MAT ファイルを MATLAB に再度読み込むことで、保存されたデータを復元できます。詳細については、ワークスペース変数の保存と読み込みを参照してください。

関数

loadファイルからワークスペースに変数を読み込む
saveワークスペース変数をファイルに保存
matfileメモリに読み込まず MAT ファイル内の変数に直接アクセスして変更
disp変数の値を表示
whoワークスペース内の変数のリスト
whosワークスペースの変数をサイズおよびタイプと共に一覧表示する
clearワークスペースからアイテムを削除し、システムメモリを解放
clearvarsメモリから変数をクリアする
openvar変数エディターまたは他のグラフィカルな編集ツールでワークスペース変数を開く
ワークスペース ブラウザーワークスペースを管理するワークスペース ブラウザーを開く

トピック

変数の作成と編集

MATLAB ワークスペースのコマンド ウィンドウで、またはワークスペース ブラウザーと変数エディターを使用して、変数の作成、編集、コピーを行います。

ワークスペース変数の保存と読み込み

現在のワークスペースの変数のうち一部または全部を保存し、後ほど、現在の MATLAB セッション中または別のセッション中にその変数を再度読み込みます。

ワークスペース ブラウザーでの統計の表示

各変数またはオブジェクトに対し、ワークスペース ブラウザーは [最小値]、[最大値]、[平均] などの統計量を表示できます (該当する場合)。

ワークスペースと変数の設定

ワークスペース ブラウザーと変数エディターの設定を行います。

MAT ファイルのバージョン

MAT ファイルには複数のバージョンがあり、MAT ファイル Version 4 以降、サポートされる機能が増えています。

トラブルシューティング

関数内で変数を読み込むときの予期しない結果

MAT ファイルからデータを読み込む関数があり、MATLAB で期待どおりの結果が返されない場合、MAT ファイルのいずれかの変数の名前が MATLAB 関数と同じになっていないか確認してください。